慣れない海外でワンオペ育児…義理両親からも見下されています

2017.12.05公開 2018.05.29更新
村松真実

回答者
村松真実
看護師 心理相談員

ご質問

私は30代半ば、2児の母です。夫と夫の両親との関係についてご相談させてください。

 

約5年前に結婚し、夫の海外赴任に帯同しアメリカに住んでおります。こちらに来て約3年で専業主婦です。

 

夫との婚約時より、義理両親が私たち夫婦の問題に必要以上に意見し介入します。

 

義理両親の思い通りに事が進まないと、私や夫、さらには私の両親にまで電話やメール等で文句を言うので非常に迷惑しています。

 

夫は特に腹を立てる様子もなく、波風立たぬようにその意見に従います。

 

今回の海外赴任が決定した際、私は子育てする自信がなく(白人社会で人種差別問題があり以前苦労しました)、また医療機関で働いていたために、そのキャリアも継続したく、単身赴任を希望しました。

 

しかし、夫の両親が単身赴任に猛反対し、チャレンジ精神がない、そんなの嫁じゃない、などと言われました。

 

夫も私が帯同しない意向であることに不満を持ち、義理両親に相談したため、更に状況悪化し、仕方なく帯同した次第です。

 

ここでの生活は、予想通り過酷です。夫は3交代勤務となり、慣れない海外でワンオペ育児に疲労蓄積してます。

 

それでも日本人の友人がいるので気晴らししながら何とか生活していますが、時々姑や舅から来る、薄情なメールに腹立たしい気持ちが収まりません。

 

息子の自慢を主に行い、私や子供たちには一言も労う言葉はありません。

 

婚約当初から、私や私の家族を見下す発言多々ありますし、基本的には自分の息子(夫)の都合しか考えていません。

 

義理家族は医師の家計でプライドが高いです。

 

夫は自分の両親や姉には敵わないという気持ち、また、尊敬している気持ちもあります。

 

夫は、肝心なことは私ではなく、いつも夫の両親や姉に相談しています。私一人が置いてきぼりで、私の人生など何一つ考えてなどいません。

 

悔しくて仕方ありません。仕事を辞めて帯同し、海外で育児奮闘してますが、報われない気持ちでいっぱいです。

 

日本に帰りたいですが、私と子供だけ帰るとなれば、夫の両親は大騒ぎ、夫もそれをなだめることはできないと思います。

 

自分の状況が腹立たしいやら悔しいやら、どうすればよいでしょうか。

回答

初めまして。ご相談ありがとうございました。

 

海外での2児の育児は、周囲に頼れる人も少なくて、本当にストレスがたまることだと思います。

 

それを、もう、3年目とのこと。人に言えないご苦労も多いと思いますが、本当に頑張ってきたのですね。

 

それなのに、あなたの頑張りを夫の家族は認めてくれていないと感じてしまう。

 

夫も、自分よりも両親の顔色ばかりを窺っているように見えてしまい、悔しさとやりきれなさで一杯になってしまっているのですね。

 

逆に、それだけ夫の両親と直接会っていない時間が長くなっているのだとも思います。

 

夫の両親は、一緒に生活していないからこそ、自分達の生活を基準にメールを送っているのだと思います。

 

そのため、あなたにとって「今の辛さ、大変さ」を理解してくれていないと感じ、悪循環に陥っている可能性もあります。

 

直接会えていれば、お互いの生活を理解しあえる部分もありますが、両親の職業柄、どうしても指導的な発言も多くなり、余計にあなたは不満と威圧感を持つのだと思います。

 

ですが、逆を言えば、夫の両親がいつもそばにいない環境だということでもあります。

 

腹立たしい物言いを毎日言われずにおり、育児についても干渉されないという利点もあります。日本で子育てをしていれば、もっと子育てについて干渉され、イライラしていた可能性もあります。

 

二人のお子さんの子育てで、あなた自身が今、心身ともに本当に疲れているのだと思います。

 

旦那さんは3交代勤務で忙しいとは思いますが、もっと旦那さんと一緒に過ごし、語り合う時間を増やすことはいかがでしょうか。

 

不安やイライラは、頭の中で暴走し、夫の思いまでも、あなた自身が勝手に想像し始めてしまうことさえあります。

 

忙しいからこそ、話し合ってお互いの心の溝を埋める努力が大切です。

 

また、あなた自身が、夫の家族にこだわりすぎているようにも感じます。

 

私は医療職なので、医師と仕事をしていますが、海外留学もして素晴らしい経歴のある医師であっても、家庭人としては問題のある人も多かったり、本当に幸せなのか?と思うような医師も多いのが実情です。

 

逆に、他に自慢することがないから、身内自慢になっているのかも知れません。

 

肩書は、社会的信用を得るためには効果がありますが、肩書が幸せな人生を保障してくれるわけではないと思います。

 

夫の両親に向いている心のベクトルを、自分と夫と子供たちに向け直してみませんか?

 

あなたは、どのような家庭を築きたいと考えておられるのでしょうか。

 

どんなことが起きても、二人で乗り越える思いが、あなたにも旦那さんにも、少しだけ不足しているようにも思います。

 

家庭を持つ、子供を持つことは、どうしても両家の考え方のぶつかり合いが起きます。

 

また、自分の要求を我慢しなければならないことは確実に増えます。

 

けれど、自分達がどう乗り越えていくのかを十分に話しあうことが、周囲を納得させる力になります。

 

夫が自分より仕事や両親を大切にしているようで孤独を感じたり、好きだった仕事から離れてる期間が長くなることで、社会から取り残されているような気持ちもあると思います。

 

ですが、あなたは海外で子供と暮らすという、多くの人ができない体験をしています。

 

無理して仕事をしなくても、子供を育てることができる環境もあります。

 

物事は、マイナスばかりを捉えると、マイナスしか目に入らないものですが、プラスの面も必ずあります。

 

また、子育ても、そして海外赴任も、数年後には一段落ついている可能性もあると思います。

 

あなたが数年後、日本で仕事を再開した時には、今の経験を活かして何かができるかも知れません。

 

時には、子供を連れて日本に里帰りをしてみる、夫の両親から連絡が来る前に自分から積極的にメールや電話をすることも、相手に主導権を握られない一つの対処法です。

 

不満を貯めこまずに、友人やこの場を利用して、吐き出して頂けたらと思います。

 

そして、吐き出したなら、自分達家族のなりたい未来の姿を想像してみて欲しいと思います。

 

今の辛さを乗りえて、家族の絆をあなた自身で強くしていくことを、応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る