とにかく人と話すのが疲れて、人間関係が一番辛いです

2017.12.19公開 2018.06.02更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

ご質問

ご返信ありがとうございます。仕事のことなどを上司には何度か相談させていただいています。

 

僕の職場は、他店舗への応援などもあるのですが、そういった際に、自分がどうしても馴染めなかった他店舗に関しましては、応援を取り止めて下さいます。

 

また、体調があまり良くないときは早退させていただいたり、気さくに話して下さったり、自分なんかの為に本当に色々と助けて下さる上司です。

 

しかし、端から見ましても上司は大変多忙であり、これ以上、自分の事で負担をかけてしまう事を考えるとそれも辛いのです。

 

正直、一度退職の相談もしました。

 

そうしたら「仕事が嫌なら仕方ないけど、人間関係ならなんとかするから少し考えてみてほしい」と言われ、ひとまず続けてみてから、ここ2ヶ月ほどが経ちました。

 

今としましては、一番辛いのは人間関係だと思います。今、仕事の休憩中なのですが、とにかく人と話すのが疲れます。

 

眠いし、頭もぼ〜っとします。上司の優しいお言葉は大変ありがたいのですが、多分、現状が解消に向かうのは難しいかもしれないと感じております。

 

なんだか分かりづらい文章となってしまい申し訳ありません。

 

▼前回のご相談はこちら▼

回答

再度、ご質問いただいき、ありがとうございます。

 

すでに、上司の方には相談されているようですね。

 

しかも、その上司は、忙しい中でも、とても親身にあなたのことを考えて下さる方のようです。

 

そんな多忙な上司が自分の為に時間を割いてくれることに、一抹の罪悪感や申し訳なさを感じることがあるのかもしれませんね。

 

さて、「人間関係が一番辛い」と書かれていましたが、人間関係において、どういったことにストレスを感じることが多いのでしょうか。

 

あなたにとって仕事の中でも、人間関係が特にネックになっているようです。

 

少しずつですが、あなたにとってのストレッサー(ストレスの原因)が見えてきているように感じます。

 

私たちは、多くの場合、ある特定の「人間関係パターン」というものを持っています。

 

それが心地よい関係のものもあれば、いつもストレスに感じたり、嫌な結末を迎える関係のものまであります。

 

あなたの場合にも、もしかすると何か特定のパターンのようなものがあるのかもしれません。

 

もし何か思い当たるものがありましたら、教えていただけると助かります。

 

一緒に考えていきましょう。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る