精神を病んでしまったことがコンプレックスです

2017.06.25公開 2018.08.31更新
ロケ民子

回答者
ロケ民子
正看護師

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る
ご質問

精神を病んでしまった過去をコンプレックスに感じてしまっています。

 

小さな頃から、両親や兄弟との関係に悩まされていたせいか、高校時代に精神的に潰れてしまい、20歳ごろに精神障害と診断されました。

 

それから何年もかけて、少しずつ心の持ち方や生活習慣を見直し、フルタイムでほとんど問題なく動けるところまで回復することができました。

 

ただ、そうしていざ社会に出てみると、なんとなく今までの自分の人生は言いにくいものであるような雰囲気を感じるようになりました。

 

私自身は自分の人生に自信を持っています。でも、他人には認められにくいというか、共有しづらいと感じます。

 

「精神的に潰れてしまった」という事実に対して、強い偏見を持っている人が多いような気がします。

 

ただカミングアウトする機会そのものが少ないので自分がそう思っているだけかもしれません。

 

今は、話せないことで周りに壁つくってしまっていることに悩んでいます。

 

また、前に進み続けてきたはずの自分の人生に、何か劣等感のようなものを感じてしまっている現状も悔しくて、そのモヤモヤした気持ちも、周りのせいにしてしまってるんだと思います。

 

▼前回の相談はこちら▼

回答

ご返信ありがとうございます。

また、あなたの過去の出来事、それからの経過や心境を教えていただきありがとうございました。

家族関係で悩み、精神的に潰れてしまった、診断がついたということに関して、あなたの中ではコンプレックスになっているのですね。

確かに、社会に出ると弱い部分を見せずに過ごしている人が多いかもしれませんので、自分の弱いところを見せるのは難しく感じることがあるかもしれませんね。

そしてそ…

残り:722文字

続きを読むには、無料登録・ログインしてください。

関連記事