緊張しやすくて辛い…あがり症を克服する方法は?

2016.07.02公開 2018.07.17更新
成田恵

回答者
成田恵
臨床心理士

ご質問

とにかく緊張しやすくて困っています。例えば、大勢の前で話すとき、心臓がばくばくいって、口の中が気持ち悪くなり、挙動不審なります。

 

落ち着かせようと、深呼吸をしてみたり、目をつむって何も考えないようにしたり、肩に力を入れて抜いたり、緊張する自分を受け入れようとしたり、色々試しますが、より緊張してしまい、ほとんど効果がありません。

 

型にはまったことなら、あまり緊張せずにできますが、初めてだったり、応用が必要だったりすると、もう頭の中はパニックです。

 

簡単なことしかできなくなります。

 

どうにか治したいのですが、緊張は治りますか?

回答

ご質問ありがとうございます。

 

緊張しやすいことで悩まれている方は多くいらっしゃいます。

 

ご自身なりにあらゆる対処法を試してみたけれど、どれもうまくいかなかったのですね。

 

緊張によって、ご自身の行動が制限されることで、生きづらさを感じていることとお察しします。

 

緊張の高まりには、医師や臨床心理士などの専門家による様々なアプローチが行われています。

 

例えば、薬物療法で不安を和らげたりするのも一つですが、「自律訓練法」や、呼吸法・漸進的筋弛緩法などの「リラックス法」また、緊張する場面への「暴露療法(エクスポージャー)」などのアプローチが緊張を和らげることに対して有効と言われています。

 

いま挙げた対処方法は、ご自身で行うよりも、臨床心理士などの専門家のサポート受けながら行う方が、結果として、効果的で効率的かもしれません。

 

もし、お一人で悩んでいらっしゃるようでしたら、問題に適切に対処して改善するためにも、まずは臨床心理士などの専門家のいるカウンセリングルームなどで、ぜひ相談してみてくださいね。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事