過去の職場のいじめがトラウマに…気持ちを軽くするには?

2018.05.02公開 2018.07.23更新
村松真実

回答者
村松真実
看護師 心理相談員

ご質問

はじめまして。

 

独り暮らしをして一年ぐらいたった頃にうつ病になりうつ病歴は3年目ぐらいです。病院にも通っています。

 

この寒い時期になると、うつがひどく加速して、今も嘘をついて職場を休んでいます。

 

職場の上司にはうつ病のことを話しして、『一緒に頑張ろう』と言ってくれているのですが、前の職場ではいじめられ、その前の職場でもいじめられとトラウマがあります。

 

彼氏と同棲中ですが、この時期はいつも家事は何も手につかず、ごみ屋敷状態になりますが、彼も私の病気を理解していて、何も言いません。

 

今、職場には『祖母の看病』と言う理由で、だましだまし休んでいます。

 

どうしょうもないどうしょうもない悲しみ、焦り、そして、電話恐怖症で職場の上司との電話も辛いです。

 

こんな私が気持ちが軽くなれるアドバイスを下さるとありがたいです。

 

よろしくお願いします。

回答

初めまして。

 

ご相談メール、ありがとうございました。

 

寒い時期になるとうつ症状が悪化しやすいのですね。

 

季節性うつ病という言葉を、聞いたことはないですか?

 

日照時間が短くなる冬に、うつ症状の悪化に悩む方は、世界中にいることが知られています。

 

あなたも、その傾向があるのかもしれませんね。

 

逆を言えば、春になるにつれて元気を取り戻せるということです。

 

季節性のものは、日照時間が影響することがわかってきています。

 

そのため、

・部屋の照明を明るくする

・ひかり目覚まし時計を利用する

・同じよう時間におきる

・日光が入る場所ですごす

・ウォーキングなどの運動を習慣にする

などの対策がおすすめできる方法の一例です。

 

住んでいるお部屋は、日当たりが良いですか?

 

わたしは太陽がないと、気持ちが沈みやすいので、住む場所や勤め先の空間はこだわっています。

 

思いあたることがあれば、改善してみてはいかがでしょうか。

 

また、あなたの手の中にあるものに目を向けてみませんか?

 

体調が悪い時は気遣いをしてくれる彼は、普段のあなたを知っているから寄り添ってくれているのだと思います。

 

職場の上司も、あなたの良い面を知っているから、一緒に頑張ろうと話してくれているのです。

 

うつ症状が落ち着いているときのあなたは、きっと素敵な気遣いができる方なのだろうと思います。

 

そんな自分の良さも、受け止め、きちんと評価して下さい。

 

同時に、職場でのいじめは過去の出来事です。

 

今のあなたは、違うのだということを、ご自身に言い聞かせて欲しいと思います。

 

怖がらずに、今を意識して、上司や同僚に接してみることが、未来のあなたに繋がります。

 

一つだけ、気になったことを伝えさせて下さい。

 

あなたのメールの中に、トラウマや、電車恐怖症という言葉がでていましたね。

 

多分、うつ病になったことで、勉強れたのかも知れません。

 

けれど、病名をつけてしまうことで、枠を作ってしまうことがあります。

 

あまり、ご自身の感情や体験にラベルを貼らない方が、自然体で過ごせる場合もあります。

 

とりあえずは、

・季節性にうつ症状が重くなることは、意外にあること。

・日光や明るさを積極的に取り入れること

・春になるにつれ、症状春に確実に改善すること

・あまり、感情や体験にラベルをはりすぎないこと

を意識しながら、淡々と、春をまちつつ、今の自分でもできそうなことから始めてらみて下さい。

 

あなたを応援させて下さい。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る