病院でうつ病と診断されましたが信用できない…どうすれば?

佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
あとで見る
ご質問

仕事が終わらず、休みの日でも気分が憂鬱。現在、一人暮らし。

 

最近、仕事で任された作業を、終わらせることができず、とても焦っています。

 

同じ日に入社した年下の人は、作業量は自分より多いのに、問題なく作業を終わらせています。

 

その一方で、自分は本来すぐ終わるはずのメール対応もできずに、どんどんやるべき仕事が溜まっており、自分の能力の低さなどにとても嫌悪感を抱き、休みの日も仕事のことを考えると憂鬱になってしまいます。

 

その為、以前まで休みの日は体を動かしたり、友人と飲みに行ったりしていたのですが、最近は仕事しなければいけないという恐怖感にも似た不安な気持ちがあり、遊びに行くこともできません。

 

しかし、いざ家の中で仕事をしようとすると、やる気が起きず、どんどん時間が過ぎていき、何もできなかったことに、とても後悔して自責の念に駆られます。

 

仕事がある平日は睡眠時間を3時間〜4時間ほどにして、仕事をしており、それでも仕事が終わりません。

 

そういう生活が4か月程続いており、仕事でも簡単なミスが続いたので、昨日、うつ病の治療に特化した病院に行ってきました。

 

光トポグラフィーという機器を使って診断したあと、問診による診断も行いました。

 

その結果、初期のうつ病と診断されたのですが、担当した医師がうつ病と判断したのは交感神経が、基準値よりも多少低いという事と、問診した内容がうつ病の症状に当てはまるからといわれました。

 

アドバイスをいただきたいのは、上述したような理由で、うつ病と判断されてしまうのでしょうか。

 

交感神経が多少低いというのも、たまたまその日が低かっということはないのでしょうか。

 

こうやって聞くのは、その担当した医者が、すぐに治療を申し込ませようとしていたので、信用できなかったからです。

 

最初は30回は治療を行わなければならないと言っていたのに、治療費を払えないと言ったら、「それじゃあ治療回数は15回でもいいですよ」と言ってきたので、その人がうつ病と診断したのは嘘なんじゃないかと思ったからです。

 

うつ病に関して、信用できる診断をしてくれる東京23区内にある病院を探しています。

 

うつ病は光トポグラフィーと、たった30分程の問診で分かるものでしょうか。

回答

初めまして。この度は、Remeサイトをご利用いただき、ありがとうございます。

また、ご丁寧にあなたが困っている状況について詳しく教えて下さり、ありがとうございます。

なかなか思うようにお仕事が進まず、休日までも憂鬱な気持ちが続いてしまい、辛い状態が続いていらっしゃるようですね。

そんな状態の中、あなたなりに何とかされようと色々と努力されていらっしゃる様子が伝わってきました。

さて、ご質問いただいた…

残り:615文字

続きを読むには、無料登録・ログインしてください。

関連記事