先々のことを考えて恐怖感…自分で決断するためには?

佐藤真由美

回答者
佐藤真由美
チャイルドカウンセラー

ご質問

何をするにも先々のことを考え怖くなり、決断できない自分がいます。

 

大学3年の自分は今、就職活動を始めています。

 

ただ、この期に及んで、自分には漠然とした「やりたいこと」の一つもないことに愕然とし、身動きが取れなくなっています。

 

大学(文系)在学中の専攻を引き続き学びたいと思っても、「果たしてその後食べていけるのか」と考えてしまって、本気になれない自分がいます。

 

親にも、経済的余裕のなさから反対されて言い返せません。

 

かといって、会社員・公務員になって働かなくちゃと思っても、まず志望動機からして書けません(勉強も苦手です)。

 

どうしても、その仕事で挫ける自分しか想像できず、恐ろしくなってしまいます。

 

ここにきて、今まで自分は「自分にできること」しか手をつけてこなかったのだと気づき、途方にくれています。

 

私は、高校生の時分に、心療内科と学外のカウンセリングに通っていました。

 

あの頃は未成年だったこともあり、周りの大人におんぶにだっこで良かったから、内心あの頃に戻りたいのかもしれません。

 

早く自分の進路を決め、真剣にならねばいけない時なのに、目の前の課題や履歴書の一枚にも気が入らない日が続いています。

 

自分がしんどくて忌々しくて、苦しいです。

 

甘えた相談とは知りながら、どうしたらいいかを質問させていただきたいと思います。

 

自分で考えて決断して行動するためには、何から始めて、何を考えるべきでしょうか。

回答

こんにちは。ご質問いただき、ありがとうございます。

 

就職活動が始まり、やりたいことが分からず、なかなか決断が難しいようですね。

 

就職をするということは、いよいよ親から離れて精神的にも自立して生きていくということになります。

 

あなたは、就職して自立していくにあたって、大きな抵抗・壁を感じているようですね。

 

「未成年の頃にもどりたいのかも」というのはとても鋭い分析で、それは、自分の足で生きていくことが怖い、とても不安なのだという気持ちの表れだと思いますよ。

 

想像もつかない世界に一人で歩み出していく訳ですから、怖いのも、不安なのも当然です。

 

将来をマイナスに想像してしまうのも理解できます。

 

これは、自立するときに誰もが感じるとても自然な反応なので、あなたの場合もおかしなことではありませんし、甘えているわけでもありませんよ。

 

むしろ、この不安を感じているということは、あなたがきちんと自立に向かっている証拠だと思います。

 

まずは、不安な気持ちをどうにかしようとせずに、「不安はあってもいいんだ」「不安になるのは当然だ」と、不安を受け止めてあげましょう。

 

身動きがとれないときは、自分をあまり責めずに、「こんなときもある」と思いながら過ごしてみてください。

 

自分を責めずにいられるようになって少し気持ちが落ち着いてきたら、あなたが「好きなこと」や「できること」をゆっくり考えてみてはいかがですか。

 

その際は、親の意向や、将来性などは一度置いておいて、あなたがシンプルに好きなこと、ラクにできることを考えてみてください。

 

直接仕事に関わりがないことでも、「好きなこと」を考えていく先に「やりたいこと」が見えてくるかもしれません。

 

今すぐに「やりたいこと」が見つからなくても、あなたは今まで「自分にできること」をやってきたのですから、「できること」があるはずです。

 

「やりたいこと」を追い求めることも素敵なことですし、「できること」をして、他の人の役に立つのもとても良いことだと思いますよ。

 

焦る気持ちもあるとは思いますが、じっくり自分と向き合ってみてください。

 

あなたらしい道がきっと見つかりますように、応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る