うつで何もしたくない、消えたいと思っています(30代・男性)

2016.07.04公開 2017.03.29更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
10
ご質問

慢性うつ病で、何もしたくない状態や対人恐怖もあり、引きこもっています。薬もカウンセリングも効かず、治療も行き詰まっています。

 

闘病生活は4年目です。毎日、毎日がしんどいです。 もうどうすればいいのか分かりません。家族がいるので、最低限の家事をする以外は横になる事が多く、ごみ捨てに行く事すら緊張します。

 

家族に対しては罪悪感が強いです。これといった趣味もなくやりすごす毎日。

 

散歩もたまに行きますが義務感で行っているので楽しめません。本当は何もしたくない、消えたいと思っています。

 

ずっとこのまま、時間ばかりが過ぎていきます。治らないのではないかと怖いです。お願いします。助けて下さい。

 

回答

ご質問、ありがとうございます。

慢性うつ病で辛く苦しい状態の中、毎日を必死に過ごされている様子が伝わってきました。

 

疲れやすく、何もヤル気が起きず、でも焦りだけはとても強い状態だと思います。

 

そんな中でも、家族のために毎日家事をこなしたり、人に会うのも億劫な中、ゴミ捨てにも行ったり、たとえ義務感であっても散歩に行かれたりと、あなたなりによく頑張っていらっしゃると思いますよ。

 

うつ状態でも、これだけできれば立派なものです。

さて、薬もカウンセリングも効かず、治療が行き詰っているというのが気になりますね。

 

あなたが信頼できるような医師や心理士との出会いがなかったということでしょうか。

 

うつ病に至った経緯は定かではありませんが、あなたの場合、「○○ねばならない」という発想が強い傾向にあるのかもしれません。

 

この発想が強くなってしまうと、どうしても自分に対して厳しくなり過ぎたり、いつも「これではダメだ」という考えにとらわれてしまい、そのことにかなりのエネルギーを費やすことになります。

 

いわゆる「完璧主義」というものですね。

あなたが家族に対して感じていらっしゃる罪悪感もその辺からきているものと思われます。

 

心理カウンセリングでは、この自分に厳しい一面を少しずつ緩めてあげる作業をあなたと一緒に取り組んでいきます。

 

こういった自分の考え方のクセを、カウンセラーと一緒に見つけて、よりラクな考え方に修正していくという認知行動療法なども効果があると言われています。

 

あなたが毎日努力されている行動自体は決して間違っていませんが、それだけでは、あなたの心の中にある苦しさや辛さが軽減されていくことはないでしょう。

 

そこで私からの提案として、もう一度、カウンセリングをお受けになられてみることをお勧めします。

 

あなたがこれまで「どんなふうに努力されてきたのか」、「どんな気持ちで毎日を送られているのか」、「どんな不安や心配があるのか」など、あなたの正直な気持ちをお話されてみて下さい。

 

あなたなりに努力されてきたこと、思うように生きられない苦しさ・辛さを、誰かに受け止めてもらえる体験こそが、自分への厳しさをやわらげる近道になります。

 

闘病生活4年目ということですが、まだまだ回復の余地はありますので諦めないで下さい。

応援しています。

佐藤文昭

佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
10

関連記事