本当の自分の性格を知りたい!素の自分と向き合う方法とは?

2017.01.22公開 2019.05.16更新

「今の自分があまり好きではない」

「自分が何をしたいのかわからない」

「自分がどんな人間なのかいまいちわからない」

 

『自分自身』に対する不満や不安、疑問を持ったことはありませんか?

 

このような思いを持つことはまったくおかしなことではありません。

 

誰にでも『自分自身』が揺らいでしまう時が来るものです。

 

そこで今回は、『自分』が揺らいでしまったときに、どうやって素の自分と向き合い、それを受け入れればいいのか、その方法をご紹介したいと思います。

 

 

思いもしなかった自分を知る

「自分はどんな人間なんだろう?」という疑問がわいてきたとき、一人でじっと考えているとだんだんとこんがらがってきて、よくわからなくなってしまいがちです。

 

そんな時には、気軽に話せる家族や友達に「私ってどんな性格なのかな?」という感じで、自分のことを聞いてみましょう。

 

「自分のことは自分が一番知っている」ということがありますが、他人に聞いてみると、自分が思う『自分』とは全く違った印象を持たれていることはままあります。

 

例えば、「私はついつい、いろいろと口出しをしてしまうのが悪い癖だ」と思っていても、友達に聞いてみたら「自分の意見をしっかり言えている」と思われていた、といったように、人の性格は見る人によって受け止め方が変わってきます。

 

そして、人間はどうしても自分自身に対してはネガティブな考え方に陥りがちです。

 

ですので、一人で自分に向き合おうとすると、どうしても自分の嫌なところばかり目についてしまい気が滅入ってしまいます。

 

他人から見た客観的な自分の印象を聞いてみることで、自分の思いもしなかった『自分自身』が見えてくることもあるのです。

 

【監修】杉山崇

臨床心理士

神奈川大学人間科学部 教授

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事