【第20話:ちちんぷいぷい】〜お父さんうつ日記〜

2017.05.06公開 2017.05.17更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
33

この4コマは、父の辛さにどっぷり浸かっていた様子を描いたものです。

 

他になんて言って表せばいいか全く分からないくらい、こう言うときは“辛さ”を感じていました。

 

170228_21

 

「私の気持ちは父の気持ちとシンクロすることがある」と感じたことがあります。

 

「私がお父さんっ子だから、父に対する感受性が強い」ということなのかもしれませんが、父が辛そうな時は、私も辛く感じ、父の気分がよさそうな時は私も気分よく感じる。

 

なんかこういう感じ分かる人いないですか…?笑

 

私は辛いなぁと思った時、胸のあたりがとても痛くなるタイプでした(たぶん今もですが)。

 

その痛みが、

 

「どこかに飛んでいってほしい」

「痛みの原因の辛さも、父の病気も、どこかに飛んでいってほしい」

 

そう思って題名を『ちちんぷいぷい』にしました。

 

さっきから、辛い辛いとばかり書いていますが、うつ病患者の家族としての私が感じた“辛さ”って何でしょう。

 

自分の気持ちと向き合うために、少し整理したいと思います。

 

私の経験上、大きく分けて3種類の辛さがありました。

 

ひとつは、うつ病に苦しんでる本人を見て感じる辛さ、またひとつは本人に何もできない辛さ、そして最後は、やり場のない思いを抱え続ける辛さ、です。

 

最初の辛さは、まさにこの4コマで描かれている内容です。

 

二つ目のものについては第7話『伝われ』で書かれています。三つ目のものは第14話『くやしい』第19話『イタみ』で書いたようなものです。

 

本人が苦しそうなのを見て辛くなって、助けたいと思ってもうまくいかない…。

 

自分の無力さを思い知って辛くて、いろいろ上手くいかないことが増えるけど、誰のせいにも何のせいにもできないモヤモヤが溜まって辛くて。

 

辛さはどんどん連鎖していたように思います。

 

もしかしたら、他にも感じた辛さがあったかもしれませんが、今思い出して整理できるのはこれくらいかなと思います。

 

きっと同じ家族の中でも私が感じていたことと、母の感じていたこと、兄の感じていたことはそれぞれ違うんだろうなぁ。

 

 

【第21話を読む】

 

16787940_1269918076427760_1289585785_n

【執筆】

シブ子

 

 

 

 

 

 

あなたの経験談もシェアしてみませんか?

Reme(リミー)では、「私の経験談」で紹介する体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

いただいた情報は、個人が特定されない範囲で、サイト上で公開させていただきます。

 

【ペンネーム】
【体験談】

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
33

関連記事