梅雨の頭痛やだるさの原因や対策は?入浴タイムを改善して梅雨を快適に!

2017.04.09公開 2017.04.18更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
24

梅雨の時期は、何となく体調がすぐれず、頭痛やだるさに悩まされ、気持ちもすっきりしない方も多いと思います。

 

そこで今回は、なぜ、梅雨の時期になると体調を崩しやすいのか、梅雨の時期を乗り越える体調管理の3つのポイントについて看護師にお話を伺いました。

 

 

梅雨の頭痛やだるさの原因は?

thinkstockphotos-620726398a

 

雨の日が多く、低気圧が続きやすい

人の体は、雨の日などで低気圧になると、副交感神経が優位に働くことが知られています。

 

副交感神経は、体を休め、消化管の動きを活発にする働きがあります。そのため、雨の日が続くと、眠気やだるさを感じやすくなると言われています。

 

気圧の変化が急激

梅雨の時期は、急に晴れたり曇ったりと天候が変わりやすく、気圧も急激に変化して、交感神経が活発になります。そのため、血管や収縮し血圧も変動するため、頭痛やなどが起こりやすくなります。

 

温度変化についていけない

梅雨の時期は、昼は暑くても、夜は冷え込むこともあります。体の体温管理がうまくいかず、交感神経や副交感神経を司る自律神経のバランスが崩れやすく、頭痛やだるさを生じることになります。

 

日照時間が短い

梅雨の時期は、日照時間が短く、日光を浴びることによって分泌されるセロトニンの量が少なりなりがちです。

 

セロトニンは神経伝達物質の一つで、不足すると、疲れやすくなる、気持ちが落ち込む、睡眠の質が下がる、食欲が低下するなど、日常生活のバランスが乱れ、頭痛やだるさが生じる原因の一つにもなります。

 

5月病ならぬ6月病

新年度に新しい環境になり、蓄積したストレスが、6月の梅雨の時期に心と体のバランスを崩し、5月病ならぬ6月病として心と体に様々な症状を起こすこともあります。

 

 

梅雨対策、3つのポイント

ThinkstockPhotos-622991942a

 

では、自律神経の働きを安定させる体調管理のポイントについてご説明します。

 

食事や運動などで生活のリズムを整える

天気がすっきりせず、体もだるいときは、どうしてもベッドでゴロゴロしがちで、ウォーキングやランニングなどの運動もさぼりがちです。

 

・毎日できるだけ、同じ時間に起きて、朝ご飯を食べる

・食事量は、胃に負担がかからない腹8分目を心掛ける

・雨でもできるヨガやストレッチを取り入れ、体を動かす

・天気の良い日は、しっかりと日の光を浴びる

 

など、生活リズムを一定に保つようにしましょう。

 

意識して、安定した生活習慣を送ることで、乱れがちな自律神経の働きを整えることが、体調管理のポイントになります。

 

 

気持ちを整える

6月は、気温・気圧の変化が大きく、体のストレスがたまりやい時期です。年度初めから蓄積した仕事や人間関係のストレスも重なり、心と体のバランスが崩れやすくなります。

 

・仕事とプライベートの「ON―OFF」をしっかりつける

・心許せる友人や、家族と過ごす時間を増やす

・ヨガやマッサージなどのリラクゼーションタイムを増やす

 

などを心掛け、気持ちを整え、心の健康を保ちます。体の症状だけでなく、心がリラックスできる環境をつくることも、梅雨の時期を乗り越える大切なポイントです。

 

 

入浴などで血の巡りをよくする

梅雨は気温・気圧が変動しやすく、体の水分が溜まりやすくなり、そのため体が重い、だるいといった症状を感じることになります。

 

・脱ぎ着ができる服装を心がける

・気温が変化しやすいため、冷たい飲食を取りすぎない

・入浴は40度前後のぬるめの湯にゆっくりつかる

・入浴剤も、保温性の高いものを選ぶ

・昼間は冷房にあたりすぎない

 

などを心がけます。

 

梅雨時期は、衣替えが終わっている時期のため、無理をして薄着になりがちです。ですが、日照時間が短く、体が芯から温まりにくい時期でもあります。

 

一度、体を冷やしてしまうと、自律神経のバランスが乱れているため、冷えた体をもとに戻す力が弱いのです。

 

体を冷やさないよう、冷えた体を入浴や足浴、目を温めることによって、全身の血液の巡りを良くすることが、梅雨の時期を乗り越えるポイントになります。

 

 

梅雨の辛さを無添加入浴剤でケア!

そこで今回、梅雨の頭痛やだるさに悩む方に、Reme運営スタッフがオススメするのは、松田医薬品(株)の【生薬のめぐり湯】です。

 

meguriyu-hp

 

選び抜かれた5種類の自然の生薬と、温泉成分で作られた無添加入浴剤で、体の芯から温まれれば、梅雨の時期も美しく健やかな体へ導いてくれます。

※画像は、【生薬のめぐり湯】公式サイトより

 

 

生薬のめぐり湯、3つのポイント

ThinkstockPhotos-dv1806037a

 

自然の生薬と温泉成分で作られた無添加入浴剤

毎日使うものだからこそ、体に負担をかけない自然のものが嬉しいですよね。生薬のめぐり湯は、めぐりをよくするために選び抜いた5種類の自然生薬を配合。

 

さらに、温泉成分を配合したことで、トロリとしたやわらかい湯質になるだけではなく、生薬の有効成分をしっかりと引き出してくれます。

 

 

入浴剤研究40年のノウハウに基づく、原材料へのこだわり

生薬のめぐり湯は、長年の生薬研究に基づいて、入浴に最適な温度できちんと効果を発揮する生薬にこだわり誕生しました。

 

生薬のチカラをしっかりと体感していただくための「もみ出しタイプ」といった工夫や、成分が出やすい「刻み方」にも徹底したこだわりがあります。

 

 

開発製造250品以上、入浴剤販売実績9000万包以上

生薬のめぐり湯を商品開発した松田医薬品は、天然由来成分の入浴剤や生薬100%の自然派入浴剤など、自然の恵みを活かした商品を数多く生み出しています。

 

乳幼児やアトピー肌の方に向けて開発した入浴剤は地場産業奨励賞を受賞するなど、社会への貢献も認められています。

 

 

気になる口コミや使い方、値段は?

30〜40代女性モニターの満足度97.7%

【生薬のめぐり湯】で紹介されている、女性モニターの満足度は97.7%という高さ!

 

個人の感想ですので、効果効能を保証するものではありませんが、

 

「疲れが取れやすくなった」

「寝るまでずーっとポカポカ」

 

といった声があるようです。

 

使い方は、簡単2ステップ

生薬のめぐりの湯の使い方は、簡単な2ステップのみ。特別なことは必要ありません。

 

浴槽のお湯に、生薬のめぐり湯を1包を入れて、お湯の中で軽く揉むだけ。軽く揉むことで、生薬の有効成分がしっかり出てくるようです。

 

初回50%OFF&送料無料!全額返金保証

生薬のめぐり湯は、新発売記念特別キャンペーン中で、通常価格3,240円のお試し定期コースが、初回50%OFFの1,620円(税込)でご購入いただけます。

 

1回の入浴あたり、108円というコストパフォーマンスの良さも魅力的ですよね。

 

「まずは試してみたい」という人にとっては、お試し定期コースがオススメです。初回限定半額で購入することができ、ハーブ石鹸が特典に付いてくるのでお得です。

 

また、定期コースといっても、よくある「最低○回は継続」というような回数制限がないので気軽に始めることができます。

 

もし、初回お届けした商品に満足がいかなかった場合でも、30日間の全額返金保証もあるので、安心して申し込めますよね。

 

全国どこでも送料無料、後払いの手数料もかからないのも良心的です。

 

「一度、試してみたい」という方は、お特なキャンペーン中の今がチャンスですね。

 

>>>【生薬のめぐり湯】公式サイトへ

 

 

入浴で体を温めるためのポイント

ThinkstockPhotos-6229956781

 

冷えやむくみは、血行不良やリンパの流れが悪くなって起こると言われています。良い状態に導くには、38度〜40度の低温のお湯に約20分以上、入浴ことが大切です。

 

ゆっくり低温のお湯に入浴することで、体がリラックスする「副交感神経」が優位になり、血行やリンパの流れが向上し、汗と共に老廃物を排出してくれます。

 

血の巡りを良くすることで、疲労回復や安眠、むくみ、冷え性にも期待できます。

 

生薬のめぐり湯公式サイトでは、お風呂で簡単にできるストレッチ方法も紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

さいごに

天気、気圧、気温が変化しやすい梅雨の時期は、何かと心身のトラブルも多いもの。

 

できるだけトラブルを避けるためにも、

 

・食事や運動などで生活リズムを整える

・気持ちを整える

・入浴などで血の巡りをよくする

 

といった心がけが大切になります。

 

そして、毎日の入浴タイムに【生薬のめぐり湯】をプラスして、梅雨の時期も快適に過ごしていきましょう!

 

>>>【生薬のめぐり湯】公式サイトでCHECK

 



 

※専門家のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
24

関連記事