子育て中でも仕事や飲み会ばかりで忙しい夫…不満を上手にぶつける3つのコツ

2020.07.10公開

【このコラムは実際に子育て中のママさん臨床心理士に解説してもらっています】

 

子育てでなかなか自由な一人時間を持ちづらいと、夫が自由にしてそうに見えてイライラしたり、不満が募ることって誰しも一度は経験があるのではないでしょうか。

 

夫が仕事を頑張っているのは分かっているけれど、子育ての大変さをいまいち分かってもらえていないのはとてもおつらいですよね。

 

ましては、飲み会で夜遅く帰宅して来られた日には…。イライラも爆発してしまうかもしれません。

 

そこで今回は、そんな仕事ばかりで忙しい夫への不満を上手に伝える方法について、実際に子育て中のママさん臨床心理士がご紹介していきます。

 

実際の声掛け例などを挙げながら、仕事ばかりで忙しい夫との溝を埋めるためのコツを教えていただきました。

 

〈聞き手、編集:近藤雄太郎(Reme運営)〉

 

【関連記事】

>>子育てのイライラが止まらず限界…育児中の臨床心理士が実践する10の対処法

>>育児に口出しするけど何もしない他人事な旦那の4類型…イライラを止めるには?

>>子育てのイライラで夫嫌いに…夫婦喧嘩から無理なく立ち直るイライラ解消法とは?

>>夜泣きに何もしないか怒るだけの旦那にどう対応するのがOK?逆効果な対応とは?

 

仕事ばかりの夫へのイライラ。どうすれば?

近藤
一生懸命働いてお金を稼いできてくれるのはありがたいけど、そんな夫にイライラしがち…。どうしたらこの不満を解消できるでしょうか?

結婚してからしばらくたち、子育てや夫婦関係に大体の見通しが見えてきた頃、ふとご主人に対しての不満でいっぱいの自分に気づくことがあるかと思います。

 

不満がたまる要因として、一番考えられるのはコミュニケーション不足です。

 

育児に仕事に…と多忙になってくると、なかなか夫婦だけの時間を持つことも叶わず、自分の思いを自己完結していく日々が増えていくためです。

 

こんな時、陥りやすいのが「根拠のない被害妄想」

・ご主人が自分を評価してくれてないのではないか

・子育てについて軽視しているのでは…

などなど、夫婦間でのコミュニケーションが不足していると、ネガティブ思考のスイッチが入ってしまいやすく、どんどん相手への疑念が生まれてきてしまうのです。

 

これは精神的な疲れによるものも大きいですが、スッキリと解消させていくためには、ちゃんと夫婦が向かいあい、話し合いの場を持つことが大事です。

 

いきなり不満をぶつけるようなやり方ではなく、

「私はこう思うけれど、どう思う?」

といったように、一方的な話にならないよう、尋ねるような形で話を進めて行くのがよいです。

 

これまで思い込んでいたマイナスな考えが、

「実は完全に自分の思い違いだった!」

「話してよかった!」

という展開も、大いに有り得ますよ。

シェア
ツイート
ブックマーク

鈴木なつこ

臨床心理士 公認心理師

心理系大学院在学中よりフリースクールスタッフ、精神障害者の共同作業所などを経験。修士課程修了後、スクールカウンセラーとして従事。電話相談業務も兼ねる傍ら、臨床心理士を取得。現在は公認心理師資格を取得し、公立小中学校のスクールカウンセラー。専門は不登校と発達障害。一児の母。

  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2020年7月10日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承ください。

関連記事