【第32話: 努力の証】〜お父さんうつ日記〜

2017.08.07公開 2017.08.24更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
58

この4コマは、私が一緒に父とクリニックに行った後(第10話第11話)、父が一人で通院を続けるようになった時の話です。

 

170228_40

 

もう通院にも慣れて、そんなに苦でもなくなったように見えました。

 

でも、父の様子をよく見ると、そんな簡単なことではなく、頑張って通ってるんだろうなと思うようになりました。

 

父が一人で通院するようになってから、なぜかいつもより独り言が多くなったり、家の中を歩き回ったり、落ち着かない様子になる時がありました。

 

最初は、「今日薬飲み忘れたのかな」とか「今の薬合ってないのかな」とか思っていましたが、リビングの壁を見た時に、「あ、これのせいか」と思うようになりました。

 

以前の記事で書いたように、リビングの壁には、父の薬がテープで貼り付けられていました。

 

父が落ち着かない様子の時は、だいたいこの薬がもうすぐなくなるというタイミングでした。

 

「あ、お父さん頑張ってたんだ」と分かって、それまでなんとなく父が通院することを「当たり前」と思ってしまっていたことに気づきました。

 

毎回新しく持って来る薬袋は、当たり前のものじゃなくて、努力の証だったんだと思ってこの4コマを描いたんですね。

 

通院は父の生活を構成するもののうちの一例だけれど、もしかしたら父がやっていた他の色んなことも“頑張って”やってたのかもしれないなと、今思いました。

 

【第33話を読む】

 

16787940_1269918076427760_1289585785_n

【執筆】

シブ子

 

 

 

 

 

 

あなたの経験談もシェアしてみませんか?

Reme(リミー)では、「私の経験談」で紹介する体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

いただいた情報は、個人が特定されない範囲で、サイト上で公開させていただきます。

 

【ペンネーム】
【体験談】

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
58

関連記事