縛られずに生きる知恵「殺仏殺祖・無一物」とは?臨床心理士が解説

2018.11.30公開

何も縛られずに生きられたらいいのに…

 

そう思うことがあるかもしれません。

 

何万年も前ならともかく、現在は自分自身が生きていくためにも、家族や友人などを大切にするためにも、仕事をしていく上でも、何も縛られないという状態はなかなか難しいと思います。

 

お金や物など物質的なものから、人間関係・考え・気持ちなど目に見えないものまで、私たちはいろいろなものに縛られて生きています。

 

そんな様々なものに縛られて疲れてしまったとき、禅の教え「殺仏殺祖(さつぶつさっそ)」「無一物(むいちもつ)」がヒントになります。

 

禅とは大乗仏教の一派である禅宗のことです。

 

禅という言葉は聞いたことがあっても、その内容や教えを知る機会はなかなかないと思います。

 

今回は縛られずに生きる知恵となる、禅の教え「殺仏殺祖(さつぶつさっそ)」「無一物」についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

殺仏殺祖・無一物とは?

殺仏殺祖

「殺仏殺祖」とは、中国唐の禅僧で臨済宗の開祖である臨済による言葉です。

 

文字を見ると物騒な印象を受けますが、元AKB48高橋みなみさんの座右の銘でもあります。

 

本文はとても長く、

「仏に逢うては仏を殺せ。祖に逢うては祖を殺せ。羅漢に逢うては羅漢を殺せ。父母に逢うては父母を殺せ。親眷に逢うては親眷殺せ。始めて解脱を得ん」

が全文となります。

 

全文だと長いので、「殺仏殺祖」として広まった言葉です。

 

殺せというのはもちろん抽象的な意味でして、

「仏でも祖先でも、尊敬する人でも、父母でも、親族でも自分を縛るものは全て手放せ。そうしてはじめて悟りを開く」

という意味です。

 

無一物

「無一物」とは、禅宗の第六祖となった慧能禅師の言葉です。

 

「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」と言いまして、言葉の意味は、

事物は全て空(くう)であるから執着すべきものはない

という意味になります。

 

すべてのとらわれを否定したところに禅の世界があるというわけです。

 

石上友梨

臨床心理士

大学・大学院と心理学を学び警視庁に入庁。5万人の職員のメンタルヘルスを管理し、カウンセリングや心理検査、メンタルヘルス講義、拳銃選手のメンタルトレーニングなど幅広く活動。6年目で退職し、フリーランスに。発達障害を支援する活動に力を入れている。‬>>HPはこちら

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事