老子の名言5選!老子的幸せな人生の3つの視点とは?臨床心理士が解説

2018.12.11公開 2019.05.16更新

「幸せな人生を歩みたい。」誰もが一度は考えたことがあるかと思います。

 

「幸せになりたい」「幸せな生活を送りたい」と思いながらも、現実はなかなかうまくいかず、苦しかったり、辛かったりすることも多いかもしれません。

 

幸せってなんだろうと考える中で、

「幸せは身近なところにある」

「小さな幸せ」

という言葉に出会う方もいらっしゃるかと思います。

 

今回ご紹介する老子の思想や名言は、身近で小さな幸せを教えてくれるような、素朴なものがたくさんあります。

 

そして、素朴だからこそ、わたしたちの日々の生活の中で生きてきます。

 

幸せな人生ってなんだろう、幸せな人生を送りたいと考えている方は、今回の記事を参考にしていただければと思います。

 

老子とは?

老子とは、中国の春秋戦国時代の思想家です。後に生まれた道教の始祖とされています。

 

中国には有名な道教寺院がたくさんあり、日本の神仏も多少なりと影響を受けたといわれています。

 

老子の経歴については不明な部分も多いようですが、司馬遷が執筆した「史記」の「老子韓非列伝」が、老子についてのもっとも古い記述となっています。

 

石上友梨

臨床心理士

大学・大学院と心理学を学び警視庁に入庁。5万人の職員のメンタルヘルスを管理し、カウンセリングや心理検査、メンタルヘルス講義、拳銃選手のメンタルトレーニングなど幅広く活動。6年目で退職し、フリーランスに。発達障害を支援する活動に力を入れている。‬>>HPはこちら

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2018年12月11日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承の上、お読みください。

関連記事