クローズ就労がバレてクビになった私が主治医に言われた2つのこと

【書いてくれた人】

年代:50代

性別:男性

双極性障害

障害を持つ人の就職の場合、障害のあることを企業に明らかにして就職するオープン就労(いわゆる、オープンと呼ばれるもの)と、企業に隠して就職するクローズ就労(いわゆる、クローズと呼ばれるもの)があります。

 

うつを公表せずに就職したい読者の方もいらっしゃることでしょう。

 

ここでは、病気を公表せず就労するクローズ(=クローズ就労)について、私の経験を交えてお話したいと思います。

 

クローズで就職した理由は?

私の場合、何度も転職を行ないましたが、いつもクローズでの就労でした。

 

障害者手帳も保有しているので、ハローワーク等でも手帳保有者が応募できるオープン就労案件にもチャレンジ出来たのですが、今まで一度もオープンでの就労の経験はありません。

 

何故、オープンでの就労を選ばずに、クローズでの就労を選択したか?

 

その理由は、やはり年収面の事がありました。

 

オープンの場合、会社側から業務・勤務時間等の配慮をしてもらえますが、事務職等仕事又は作業が限定されてしまうため、給与(年収)面では一般の就職に比べて、やや少なくなってしまうことは否めません。

 

あと私の場合、不動産業の営業でしたが、資格を活用した専門職の仕事をしていたため、オープンでは、その雇用の募集がなかったという理由もありました。

 

そのため、転職の際にはクローズでの就労を選択していた訳です。

 

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事