うつで退職。見通しを立てることで不安を取り除いた

【書いてくれた人】

年代:50代

性別:男性

双極性障害

うつで寛解まで行かない、または休職出来る日数が段々なくなってきた場合、意識するのは“退職”だと思います。

 

これから退職する人の中には、将来に不安を感じている読者のいらっしゃるかもしれませんし、そのために退職という選択が出来ない方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで私の体験談をお話してみたいと考えます。

 

うつで退職してよかったことは?

一つ目は、なんといっても“気持ちの解放感”だと思います。

 

休職中といえども常に会社は意識するものです。

 

会社によって多少の違いはあるものの、自分の上司、または産業医に対し1~2週間に1度程度の電話での状況報告を求められることでしょう。

 

私の場合は、当時の直属の上司が発する言葉のパワハラがうつ病発症(正確に言うと再発でしたが)の原因でしたから、電話であってもその上司と話すことが大変苦痛でした。

「また、あと何日かしたら、あの上司と話しをしないといけない」

と考えただけでも多大なストレスでした。

 

今から考えてみたら休職中も、私の場合、これが理由で心から休めていなかったようにも思えます。

 

そのため、退職によって得られた“気持ちの解放感”は、代えがたいものでした。

 

二つ目は、前に向かって進む気持ちの切り替えになったことです。

 

ある意味、強制的な気持ちの切り替えとなるかもしれませんが、退職が再就職してこれからやっていくんだ!という気持ちの切り替えの機会になったと言えます。

 

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事