「うつ病でも好きなことを諦めたくない」カメラが広げてくれた私の世界

「病気で周りに迷惑をかけているのに、自分の好きなことをしていいのか分からない…」

 

そう悩んだことがある人も、きっといるのではないでしょうか。

 

今回お話を伺ったのは、小学生のころからうつ病と付き合ってきたあるとさん。家に引きこもっていたあるとさんを外に連れ出してくれたのは、たったひとつのカメラだったそうです。

 

そんなあるとさんに、自分の人生を楽しむ大切さと、好きなことを諦めない考え方を、たっぷり語っていただきました。

 

F9F301B3-77B0-48B6-9E7E-0AEB2EADF3D2

【あると】小学校の高学年からうつ症状が始まり、現在も薬を服用しながら、体と心を労わって生活をしている。趣味で始めたカメラは現在仕事になりつつあり、うつ病でも自分のやりたいことを諦めない生き方をSNSでも発信中。

〈インタビュアー くまのなな〉

 

うつ病の症状は小学校の高学年からあった

くまの
あるとさんがうつ病と診断されたのは、いつ頃だったんですか?
あるとさん
診断されたのは、中学3年生のときです。ただ、小学校の高学年から、うつの症状は出ていたと思います。
くまの
小学生から!そんなに早くからだったんですね。
あるとさん
私、実は対人恐怖症でもあって。小学生のころから、人の目がとても気になってしまうんです。周りにも馴染めないので、学校に行くのも辛かったですね。

 

家庭環境も悪くて、悩んでしまうことが多くて…。中学生のときにいじめられて、うつの症状がひどくなってしまったんです。

A4E86885-3110-4FED-B987-1D0291A14492

くまの
いじめ…、それはつらいですね。
あるとさん
いじめがあったのは、中学2年生のときでした。本当に辛くて、自宅で過呼吸を起こしてしまったときがあって。
くまの
本当に、気持ちがいっぱいいっぱいだったんですね。
あるとさん
でも、そのときは自分が精神的な病気だとは思わなかったんです。過呼吸になったときも、内科だったかな…?とりあえず精神科には行かなくて。

 

でも、病院で調べてもらっても体は正常なんですよ。

くまの
そうですよね…。病院の先生は、精神的なものだとは言わなかったんですか?
あるとさん
特には、言われなかったと思います。

 

だから、その後も変わらず生活をしていました。中学三年生のときに、母に「精神科に行ったほうがいいんじゃない?」と言われて、初めて精神科を受診しました。

 

中学3年生のときですね。そこで、うつ病として薬を処方されました。

くまの
じゃあ、うつ病の症状が出ていた小学校の高学年から中学2年生まで、自分がうつ病だと分からずに苦しんでいたってことですか?
あるとさん
そうです。どうして苦しいのかも、自分では分からなかったです。
くまの
それは、分からないからこそ、さらに苦しくなりそうです…。

くまのなな

ライター

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事