東日本大地震で親友を亡くし不登校になりました

2017.03.12公開 2018.05.09更新
佐藤真由美

回答者
佐藤真由美
チャイルドカウンセラー

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る
ご質問

東日本大地震の時に、大好きな親友を亡くしました。それ以来、不登校で毎日死にたいと思ってしまいます…

 

小学校は何とか行けたものの、現在の中学は全く行けてません。薬一瓶飲み干すこともあります。

 

遺族の方々の方が辛いことは分かっているのに、甘ったれた自分が嫌になります。

 

いやなことがあると薬に走ってしまいます。1人でいる時や、友達同士の会話を見ると、どうしても亡くした親友を思い出します。

 

自分の心の窮屈さと弱さを知りました。

 

去年、父親が私に毎日暴力を振るうのをきっかけに離婚してしまい…母親もなかなか私と話をしてくれません。

 

相談出来る相手が居なくて悲しくなります。

 

…どうしたら良いですか。めちゃくちゃな文面ですみません。

回答

初めまして。ご相談ありがとうございます。

今回頂いたメッセージから、あなたが今たくさんのことを抱えている状況が伝わってきました。

震災当時、あなたはまだ小学校の低学年でしたね。人生を一変するような出来事を経験するには、とても幼かったですね。

そして、父親からの暴力と両親の離婚とあるように、当時から家庭内の雰囲気は、常に緊張していたのではないか、と想像します。

その後も、小さな心が抱えきれない悲しみ…

残り:526文字

続きを読むには、無料登録・ログインしてください。

関連記事