母親に殴られ、傷を学校でバカにされ…もう消えたいです

2017.12.19公開 2018.06.02更新
池田智理子

回答者
池田智理子
キャリアコンサルタント 認定心理士

ご質問

先週、母親を怒らせてしまったらしく、ガラス製のコップで殴られてしまい、怪我をしてしまいました。(打撲と捻挫と診断されました)

 

学校の養護の先生に相談したら「児相とか警察に助け求めていいんだからね」と言われましたが、いまいち自分では納得できないんです。

 

電話番号も教えてもらったけれど、母親の機嫌さえ良ければ殴られる心配はないから、保護してもらうのはおかしいのかなって。

 

母親に「病院に行くから保険証を貸して」と伝えたら、

 

「殴られたことは一切言うな。言ったら許さない。壁にぶつけたって言え」

 

と脅されてしまいました。

 

今も肩が痛む時があり、痛んでいる動作を母親に見られるたびに、

 

「どうせあたしが悪いんでしょ!?警察にでも通報したら!?!?」

 

と逆ギレされて話が通じません。

 

父に相談したら、鼻で笑われてしまい、相談するのは二度としないことにしています。

 

また、母親の仕事が今月から再開するので、また殴られるか殴られないかの日々が始まるんです。

 

そう思うと怖くて、夜もちゃんと寝れなくて、ストレスのあまり左肩を殴られた痕、爪で腕を引っ掻いて自傷してしまって……。

 

学校の体育でその腕を隠せなくて、クラスの人にバカにされて嫌で仕方なくて。

 

気づいたら自殺方法をネットで調べたりしてることが多くなってて、そういうことをしそうになる自分に無性に腹が立ってしまいます。

 

親に「死ね」と言われたり、「お前は娘なんかじゃない」と言われることにはもう慣れましたが、殴られることが加わると、辛いだけで家で笑顔でいる時間が減りました

 

こんなこと言ったらいけないのはわかっていますが、もう消えてしまいたいです。

 

「消えて楽になれるか」と聞かれたらそうではないけれど、母親のいない場所に消えたいんです。

 

▼前回のご相談はこちら▼

回答

再度ご相談いただきありがとうございます。

 

お母さんは機嫌が良ければ、殴られない。機嫌が悪ければ、殴られる…のですね。

 

現実的に、子どもを育てる時期に、躾の一環として手を叩いたり、お尻を叩いたりする親は存在します。

 

しかし今回のあなたは、ガラス製のコップで殴られてしまい、怪我をされたから病院に行かれたのですよね。

 

その行為は学校の養護の先生からみたら、躾ではなく「虐待」「行き過ぎた行為」として受け取られたように感じました。

 

だから、「児相とか警察に助け求めていいんだからね」と言われたのだと思いました。

 

けれど、お母さんの機嫌が良ければ殴られる心配はないので、そこが納得できないと思い、電話を掛けることができなかったのですね。

 

そのあなたの気持ちの端っこに、

 

「お母さんが好き」「嫌われたくない」「誉めて欲しい」「認めて欲しい」

 

という気持ちがあるように思いました。

 

でも、お母さんからは、

 

「病院に行っても殴られたことは一切言うな。言ったら許さない。壁にぶつけたって言え」

 

と脅されてしまったのですね。

 

ということは、お母さんも、あなたを殴ったことは、あまり良いことではない。他人に知られたくないことをしているという自覚があるということではないでしょうか。

 

少なくとも私はそう感じましたが、あなたはどう感じましたか。

 

あなたが嘘をついて病院で治療を受けたとしても、病院の医師が「壁にぶつけた怪我でないかもしれない」「虐待かもしれない」と思えば、児相などに通報する義務があります。

 

また、今回の件は、あなたが相談した養護の先生が、学校内のどなたかにご報告したかもしれません。

 

私は、あなたのご相談を聴くばかりで、実際どうしてあげることもできないので、毎回とても歯がゆく感じています。

 

けれど、養護などの先生が、身近であなたを手助けできる方たちです。

 

怪我もそうですが、死にたいと考えたり、消えたくなってしまうあなたの心をどうぞ話してみてください。

 

そこから道が開くことが出来るように思いました。

 

また、あなたがお話しをしたくなったら、いつでもご相談ください。

 

私はずっとあなたを応援しています。

 

そして、あなたの味方です。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事