娘のことを過度に心配してしまう…どうすれば?

2018.02.06公開 2018.06.12更新
加藤たかこ

回答者
加藤たかこ
臨床心理士

ご質問

最初は少しずついれて慣れたら増やす…と 言ってきました。

 

また、外出も姉と電車で片道40分ほど掛けて行ってきました。

 

食事は やっぱり出来ず、姉だけ食べて帰ってきたのですが店内で、姉が食べている間も少し気分が悪くなっていたようです…

 

元々 外食が好きな子だったので 本当は食べたかった!と言っておりました。

 

本人は遠出出来たから良し!と自分で自分を褒めておりました 私もいっぱい褒めました。

 

通信制高校へも同じような時間で通うようになります…

 

本人は見学に行く気満々なので行こうとは考えています。

 

 

前回の相談はこちら

回答

再度投稿頂き、ありがとうございました。

 

アルバイトの件、投稿者様とお嬢様で「これくらいの時期からなら」と、お互いが納得できるタイミングを見つけられると良いですね。

 

さて通信制高校の見学の日が、近づいていらっしゃるのですね。

 

お嬢様にとって高校の見学は、お嬢様ご自身が思っている以上にハードルが高いものであるのかもしれません。

 

その日が近づいて来るにつれて緊張が高まってしまう…というのは、当然あるのかもしれませんね。

 

また、お姉さまと一緒に片道40分の外出をされたとのこと。

 

お嬢様が着実に前に進んでいこうとされているご様子が、目に浮かびます。

 

転学される高校も大体40分くらいの通学時間というのであれば、時間の面で言えば同じ位の移動距離をこなされてきたことになりますね。

 

投稿者様もとてもたくさん褒められたとのことですが、お嬢様にとっても1つ手ごたえを感じる体験になられたかもしれませんね。

 

私も今回その体験についてお伺いでき、とても嬉しく感じます。

 

あと数日後に迫る高校見学に際して、私から提案させて頂きたいこととしては、以下の3つを挙げることができます。

 

まず1つ目は、高校見学に先立つ形で数日前から、お嬢様のリラックス法や好きなことなどをして、十分にエネルギーを蓄えておくことです。

 

見学に行くことへの不安は、当日にピークを迎えますよね。

 

けれども投稿者様もお嬢様から聞かれているように、当日でなくともその前から、だんだんと不安は高まってしまうものです。

 

例えてみればコップの中の水と同じで、前々から少しずつ水が溜まっていきます。

 

そのため当日にコップの水(=不安)が溢れてしまわないように、お嬢様が好きなリラックス法で少しでも水を抜く事で、心に持てる余裕を大きくしておく、ということです。

 

もしも以前お伝えしたタッピングやバタフライハグ等が安心に繋がるのでしたら、1日に数回積極的に取り入れて頂くのも方法かと思います。

 

2つ目は、乗り物に乗る直前にも可能なリラックス法を行ったりして、身体の脱力状態(リラックス状態)を感じておくことです。

 

深呼吸をしてリラックスしようと思っても、中々リラックスできないこともあるかもしれませんよね。

 

その場合、むしろ逆に10秒間ほど全身にグッと力を入れて、急にパッと力を抜く事で、脱力できることがあります。

 

3つ目は乗り物等に乗って不安がピークに達してからも、出来る限り緊張を緩めるための取り組みを続けることです。

 

不安のピークの状態は、負のスパイラルに巻き込まれてしまっている状態と言えます。

 

2つ目としてお伝えした、力を入れて抜く方法などは、電車等乗り物の中でもできやすいかもしれません。

 

少しでも早く不安から抜け出せることで、お嬢様の感じる負担は小さくなりますよね。

 

ここでも可能な取り組みをいくつか試してみて頂ければと思います。

 

今回簡単ではありますが、「当日までにできること」「当日のこと」「不安のピークに陥ってから」のことについて、提案をさせて頂きました。

 

お嬢様にとって実りある高校見学となることを、お祈りしています。

 

これからも応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る