急に自傷行為をしたい衝動に…なぜでしょうか?

2018.02.07公開 2018.06.12更新
渡辺綾

回答者
渡辺綾
施設心理士

ご質問

私は小学生くらいのころから、自分を傷つけたくなる衝動に駆られることがあります。

 

自分には夢もあるし、ずっと生きたいと思っていますので、その原因はよくわかりません。

 

その、自傷行為したくなる行動は

・箸や歯ブラシでのどを刺したくなる
・指を自分で折ってみたくなる
・高いところにくると飛び降りてみたくなる
・舌をかみ切りたくなる
・刃物をみると自分を傷つけたくなる

 

といった行動です。実際には本気でしたことはありません。

 

ちょっと強めに舌を噛んでみたり、指をすこし、反対にまげてみたりです。

 

でもそのうち本当に自傷してしまいそうで、怖いんです。

 

一度自傷行為したいと思ったら、なかなかその考えから抜け出すこともできません。

 

心臓がどくどくし、息がしにくくなります。

 

自傷行為したくなったら、自分に意味ないよと言い聞かせたり、別のことを考えたりして気を紛らわせますが、かなり時間がかかります。

 

また、誰にも相談できません。

 

どうすればこのような考えがなくせるでしょうか。

 

また、これは何かの病気でしょうか。教えてください。お願いします。

 

現在は受験生です。父と母、兄とも仲がいいです。

 

通院したことはありません。

 

付け加えます。

 

この衝動は常にあるわけではありません。

 

数カ月に何回か、みたいな周期です。思い始めたら一ヶ月くらいは続きます。

 

時間が立つにつれ、一日に衝動買いに駆られる回数は減りますが。

 

でも、定期的ではありません。急に思い始めます。

回答

こんにちは。ご投稿ありがとうございます。

 

なぜか自傷行為について考えてしまい、1度考え出したらなかなか切り替えが難しいご様子ですね。

 

自分に意味のない行為だと言い聞かせるものの、なぜこのような事を考えてしまうのかわからず、不安に思う気持ちはよく分かります。

 

文書だけを拝見すると、書いてある情報のみでは病気であるとは言い難いでしょう。

 

心配であれば病院受診をしてみてはいかがでしょうか?

 

診断は医師でないとできないですし、何でもなければ、それはそれで安心でしょう。

 

もしかすると、投稿者様は怖いものみたさな感覚に似ている気持ちを抱いているのかもしれません。

 

してはいけないという行為をしてみたくなるのは、ある種の刺激を求めている可能性があるでしょう。

 

また自身を傷つける場面を想像することで、自分の価値や生きている実感を得たいと思っていませんか。

 

日常でどこか持て余している感覚があり、具体的な目標ややりがいが感じにくい状態にあると、ふと自傷行為を想像してしまうかもしれません。

 

何かしなくてはいけないことがあり、それと向き合うのが嫌だと感じている場合、別の方に注目をすることで、回避している事も考えられます。

 

もしくは、自分が感じていることを受け入れられないとき、自傷行為という映像に変えてそれを見ているのかもしれませんね。

 

今のように、想像するだけや、軽く試してみる位でご自身に危険が及ばないのであれば問題ないのですが、バランスを崩し、歯止めがきかなくなったときには注意が必要です。

 

普段から、今の出来ている当たり前の事を挙げて再認識し、感謝をしてみましょう。

 

受け入れられない事があれば、書き出し、そう感じている事もひっくるめて「自分を許します、受け入れます」と唱えましょう。

 

自分は大切にされるべき存在であると理解し、まずは他の誰でもない、自分が自分を大切にすることを意識します。

 

頭に自傷行為を浮かべてしまうことがあっても、否定したり、いたずらに責めたりせず、

 

そのように感じているのだという事自体をただただ流すようにして通り過ぎるのを眺めましょう。

 

自分はどんな事までなら耐えられるのか、ダメージを受けるとどうなるのか、知りたいという気持ちがあるのかもしれません。

 

また、生や死についてふと考えてしまうのは、生きている限り私たちにはついて回る課題でしょう。

 

得体が知れないものは、それだけで恐怖も膨れ、不安になるものです。

 

このような事を知り、自身の傾向に気付きを得たり、気持ちを整理したりすることで、漠然とあった恐怖を和らげていきましょう。

 

内容についての感想や、新たな発見、質問など何でも結構です。

 

またいつでもご投稿お待ちしております。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る