いじめから逃げるためにリストカット…前向きに生きるには?

渡辺綾

回答者
渡辺綾
施設心理士

ご質問

自分は中学の時にいじめにあいました。

 

内容は大きな声で暴言。物の破損。わざとらしく物を落とす。などで、それから逃げたくてリストカットを始めました。

 

今は高校2年です。でも、夢に出てきたり、ぼーっとしてる時に思い出したりします。

 

周りがこそこそ話をしていても自分の事じゃないかなど不安になったりします。

 

リストカットもやめられなくなってしまいました。

 

どうすれば前向きに生きていけるんですか?

回答

こんにちは。投稿くださりありがとうございます。

 

中学の頃、いじめにあっていたとのこと。辛い思いをされてきたのですね。

 

また今も夢に見たり、ふと思い起こしたりと、心の傷が癒えていない様子ですね。無理もない事と思います。

 

よく耐えてこられましたね。まずは、ご自身をよくよく褒めてあげてくださいね。

 

辛い出来事から逃げる為にリストカットをしてきたと書いてありましたが、同時に色々な事を確かめたかったのではないかなと感じました。

 

投稿者様も頭では分かっていると思いますが、できれば身体を傷つける以外の方法で、気持ちが処理できれば良いなと思います。

 

まずは、これまで耐えてきてくれた自分に感謝の気持ちを声に出して伝えましょう。

 

他の誰でもない、投稿者様自身が自分の事を理解し、認め、1番の味方でいてあげることができるのです。

 

投稿者様は、何かが出来るから評価されるのではありません。

 

また、何かをされたから価値が下がるということもありません。

 

存在していることこそに素晴らしい意味があり、生まれてきたということで素晴らしい力をもっているのです。

 

今は辛い思いをしてそのことを忘れてしまっていても、必ず思い出せますよ。

 

まず手首に輪ゴムを何本か巻いて、切りたくなったら弾いてください。刺激を与えることで、切る代わりにします。

 

そして、気持ちの整理や過去の経験からできた心の傷を癒す必要があります。

 

スクールカウンセラーは居ますか?

 

でなければ、カウンセリングや心理療法を実践しているセンターや、心療内科に足を運んでみるのも良いと思います。

 

投稿者様は1人ではないですよ。

 

不安になったり、分からないことがあればいつでも投稿くださいね。

 

お待ちしています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る