不登校の娘は進級したい一方で学校が辛そう…どう接すれば?

鈴木さやか

回答者
鈴木さやか
臨床心理士

ご質問

2学期後半から、高校2年の娘が不登校になりました。

 

不安から来る体調不良の為、通院、カウンセリングを受け、少しづつですが登校、授業に出席する回数が増えてきました。

 

本人は進級をとても望んではいるものの、今も学校がとても辛い様です。

 

無理はさせたくないのですが、進級するには、もう、1日も休める状況ではないのです。

 

学校を辞めて、他の道へ進む事を考えない彼女には、どう接してあげたらいいのでしょうか。

回答

はじめまして。ご投稿、ありがとうございます。

 

ご質問内容、拝読させていただきました。

 

高2の娘さんが登校するのが難しく、進級を強く望んでいる反面、学校に行くのもとてもつらいお気持ちなのですね。

 

娘さんにとっても親御さんにとっても、しんどい状況であることと想像いたします。

 

特に進級などの現実的な要素が加わると、ご心配な気持ちもより膨らんでしまうものと思います。

 

ご質問についてです。

 

現在、娘さんは進級を望んでおられ、通っている学校を辞める選択肢はおありにならないとのこと。

 

登校するのもしんどい中で、何とか踏みとどまって頑張ろうとしている姿が伝わってきました。

 

娘さんにそれだけしっかりとした意思があるのであれば、周囲の方にはご本人の意思を尊重する準備があることを伝え返し、そうできるようにサポートしていただくのが良いと思います。

 

相談者さまも仰るように、登校することに無理はさせず、娘さんが自分からとる行動を見守ってあげてください。

 

それは、「自分はありのままで居ても、大切にしてもらえる存在なのだ」という娘さんの自信と安心感に繋がるからです。

 

また、万が一、出席日数が足りなくなってしまった場合も、次の一手を娘さんとご一緒に考えていただければと感じます。

 

先の見えない中で不安を抱えたまま居ることは、娘さんだけでなく親御さんにとっても苦しいことであると思います。

 

しかし、娘さんが苦しい「その時」に親御さんが一緒に踏ん張ってくれたという事実は、のちにご本人にとって大きな力になります。

 

そのことは今の問題を乗り越えたとき、親御さんや周りの人だけでなく、娘さん自身への信頼感にも変わっていくからです。

 

どうぞご相談者様も、不安な気持ちや疑問に感じることなどを周囲の方と共有しながら、無理なく過ごしていただければと感じます。

 

もちろん、こちらで力になれることがあればお教えくださいね。

 

未来について、一緒に考えてまいりましょう。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る