うつで休職期の過ごし方!一人暮らし・回復期の場合は?精神保健福祉士が解説

2018.08.07公開 2018.12.09更新
 

うつによって、休職せざるを得なくなったとき「何をしたらいいんだろう…」と途方に暮れてしまうことがあります。

 

うつで休職中であれば休むことが必要ですが、具体的にどんなふうに過ごせばいいのか、一人暮らしや回復期の場合を含めて、ご紹介していきたいと思います。

 

【関連記事】

>>【まとめ】うつ病と仕事…精神保健福祉士コラム・お悩みQ&A【随時更新】

>>うつで休職…期間・給与手当・手続きって?精神保健福祉士が解説

 

うつで休職時の「不安」とは?

うつのときは症状によって漠然と不安になります。

 

なんとなく嫌な予感がするというものから、「明日死ぬんじゃないか」という心配まで、思い浮かぶことは様々です。

 

不安について少し具体的に書いていこうと思います。

 

 

自動思考・ネガティブのループ

出来事に対して、自動的に湧いてくるイメージや考えを自動思考といいます。

 

うつのときは、ネガティブなイメージがぐるぐると渦巻くことが多いです。

 

渦中にいると回復した自分がなかなか想像できなくなってしまいます。

「このまま復職できないのではないか」

「復職できず辞めることになったら、二度と再就職はできないだろう」

「収入がなければ今後生きていくことはできない」

「死ぬしかない」

このような思考のループに入ります。

 

これは考え続けている間はなかなか変わりません。まずは休養が必要です。

 

 

昼夜逆転

うつのときは、睡眠障害があります。

 

眠れなかったり、逆に眠りすぎてしまったりということがよくみられます。

 

休職し始めたときは、眠ることを体が欲しているので、好きなだけ眠ってゆっくり休んで構いません。

 

しかし、眠れずに朝を迎え、そこから眠る生活が続くと、夜中に起きて昼間眠る生活になってしまいます。

 

治療を続けるうえで、日が出ているうちに起きて生活することはとても大切です。復職の際にも、逆転した生活を戻すのにとても力を使います。

 

菊池恵未

精神保健福祉士

精神保健福祉士として、都内NPOにて精神障害者の支援を行う。就労支援担当として面接同行や就職後の業務メニュー作成などをしてきた。障害年金や生活保護受給の相談にものっている。JCTA日本臨床化粧療法士協会認定のもと臨床化粧アドバイザーとしてメイクアッププログラムを実施。

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事