アニメの名言から学ぶ孤独との向き合い方5選!精神保健福祉士が解説

2019.04.18公開 2019.05.16更新

アニメや漫画のキャラクターに勇気をもらったことはありますか?

 

自分が経験したことのない冒険やスポーツ、異世界での暮らし方に心が躍る人もいるかと思います。

 

ほのぼのとしたスタイルでもシリアスな展開でも、キャラクターたちはわたしたちと同じように作品の世界を生きています。

 

今回は、アニメに出てくるキャラクターが孤独をどう捉えているのか、ご紹介していきます。

 

【関連記事】※後日公開

>>生きるのが辛くて孤独…前向きになる3つの問いは?精神保健福祉士が解説

>>孤独が寂しくて辛い…愛されたい心理と対処法とは?精神保健福祉士が解説

>>孤独な人生を楽しむ人と楽しめない人の3つの違いとは?精神保健福祉士が解説

>>孤独に強くなりたい…孤独に耐える3つの方法を精神保健福祉士が解説

 

孤独と向き合う3つの難しさ

孤独感や寂しさは急に襲ってきます。

 

個人差はあれど、孤独を全く感じないようになることはできません。

 

まず、「どうして孤独と向き合うことが難しいのか」、ポイントを挙げていきます。

 

①孤独を否定したい気持ち

自分が孤独だと気づいても、孤独を認めるのは難しいことです。

 

まずは孤独を認めなければ向き合って受け入れることはできません。

 

②ひとりを悪いことだと感じてしまう

なぜ、孤独を否定したい気持ちになるのかというと、孤独が悪いことだと感じているからです。

 

小さいころから、学校で集団生活を送っていると、

「人が側にいることが普通」

だと感じてしまうでしょう。

 

なんとなく、ひとりでいることは仲間はずれであるかのような気がしてしまいます。

 

③人に認められることに価値を見出す

自分で自分を認め、満たしてあげることはできますか?

 

人からの承認でしか満たされないと、孤独は耐え難いものに感じると思います。

「人のことはともかく、自分はこれでいい」

と自信をもって言えるのは、孤独を受け入れられたときでしょう。

 

【関連記事】

>>承認欲求が強い…特徴や原因・3つの対処法って?臨床心理士が解説

 

菊池恵未

精神保健福祉士

精神保健福祉士として、都内NPOにて精神障害者の支援を行う。就労支援担当として面接同行や就職後の業務メニュー作成などをしてきた。障害年金や生活保護受給の相談にものっている。JCTA日本臨床化粧療法士協会認定のもと臨床化粧療法士®として隔月でメイクアッププログラムを実施中。

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事