嫌な記憶で不眠…不安な気持ちはどう抑える?

ご質問

最近、夜中に起きてしまい、なかなか寝つけません。

 

ぼーっとしていると小学生の時にあった軽いトラウマを思い出すことが多いです。

 

そこから発展していくように嫌な記憶しか思い出せなくなりました。

 

訳もなく涙がでたり、不安になってしまったりします。

 

現在母と二人暮らしで、母の方は夜遅くまで働いていて、基本家では1人です。

 

元々テレビも見る方ではなかったので、ほぼ無音の状態です。

 

水曜日、日曜日はバイトがあるのでちょくちょく出てます。

 

バイトはコンビニのアルバイトなので、人とよく接します。

 

このような症状があるのは母もあまり知っていません。

 

いきなりボロボロ泣き出すので、泣きそうな時は心配させないために、ひとりになれる場所に言って泣いてしまいます。その為、病院にも言ってないです。

 

若しかしたら何か精神的な病気なのでは、と疑ってしまいます。

 

死にたいと思うことが最近多くなり、何となく友達との記憶の行き違いを感じます。

 

解離性障害のセルフチェックを行ったところ、疑いが強いどのことでした。

 

友達に解離性障害の人がいるので、より一層身近に感じ、心配になりました。

 

ここまで苦しいと思ったことはないので、はやく原因を突き止めておきたいです。

 

また訳もなく涙が出たり、不安になってしまうのはどうしたら抑えることができますか。

 

記憶がおかしくなってしまうのは、どうしたらいいでしょうか。

 

どうしたらゆっくり眠れるでしょうか

回答

はじめまして。ご投稿、ありがとうございます。

 

ご相談内容、読ませてもらいました。

 
訳もなく涙が出たり不安になったりと、不安定な状態が続いているとのこと。

 
「死にたい」と思うことも増えているようで、それくらい苦しい気持ちを一人で抱えてきたのだと感じました。

 

よく、こちらに相談してくれましたね。あなたの声が聴けて、本当に良かったです。

 

夜眠れない、理由なく涙が出たり気持ちが不安定になったりする、つらかったことや暗いことばかり考えてしまう…といった状態は、心のエネルギーが足りていないときによく見られる「心のSOSサイン」であることがあります(その端的な例が、「うつ病」であったりもします)。

 
今のあなたは、心が悲鳴をあげるくらいしんどいものを抱えている、もしくは抱えてきたのではないかな…と想像しました。

 

もし思い当たることがあれば、そのものの負担を軽くしてあげる必要があるものと思います。

 

そんな中で、「訳もなく涙が出たり不安になったりするを抑えたい」と感じているのですね。

 

気持ちが不安定になってきたと感じたら、まずは大きく深呼吸をしてみましょう。

 

息を吐ききった後に大きく空気を吸い込み、口をとがらせて細く長く「ふーー」っと吐き出します。

 

これを何度か繰り返してみてください。

 

深呼吸には心を落ち着ける働きがありますし、脳に酸素がいきわたると気持ちもすっきりしてきます。

 

また、好きな香りをかいだり、少し甘くしたホットミルクをゆっくり飲んだりするのもいいでしょう。

 

これは眠れない時にも効果的なので、良ければ試してみてくださいね。

 

それから、「友達との記憶の行き違いがある」「記憶がおかしくなってしまう」とも感じているとも教えてくれましたね。

 

解離性障害のセルフチェックを行ったところ、「疑いが強い」という結果にもなったとのこと。「精神的な病気かも」という不安も感じておられるのですね。

 

ただ残念ながら、そういった診断は医師にしかできません。

 

必要があれば、心療内科やカウンセリングルームなどの専門機関を受診してみるのも良いかもしれませんね。

 

事前に親御さんと相談しておくことがベストですが、未成年の方だけで通える所もありますから、必要があれば事前に電話などで確認してみると良いでしょう。

 

もちろん、まずは周りの信頼できる誰かに相談してみるのも良いと思います。

 
「心配させないために、一人になれる場所で泣く」ようにしているくらい、周りのことを思いやれるあなただからこそ、しんどさを一人で抱え込んでしまうのではないかと気にかかります。

 

難しいかもしれませんが、つらい時くらい誰かを頼ってみてもいいのですよ。

 

長くなってしまいましたが、あなたにとって少しでも役立つことがあればいいなと思います。

 

死にたい気持ちや苦しい思いを感じたら、またぜひこちらに心の声を吐き出しに来てください。

 

あなたは一人ではありませんよ。いつでも、待っていますね。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事