突然来る耐えられない眠気…特発性過眠症という難病を知っていますか?

2020.01.08公開 2020.05.07更新

仕事中に居眠りばかりする人を見て「怠けてる」と感じるのは、ある意味仕方のないことかもしれません。

 

しかし、居眠りをする張本人も、眠気がまさか病気とは思わず、長年睡魔に悩まされ続けていることがあります。

 

今回インタビューに出ていただいた、石橋優輝さんもその一人でした。

 

石橋さんが向き合っているのは特発性過眠症。難病である一方、まだまだ認知度が低いのが現状です。

 

そこで今回は、当事者の視点から過眠症を通じて感じたことについてお話しいただきました。

 

過眠症ってどんな病気?普通の眠気と違いは?

近藤
石橋さんは、ナルコレプシー患者の方が運営する認定NPO法人なるこ会の理事を務めているということで…

 

すみません、ナルコレプシーというのは?

石橋さん
そうなりますよね。笑

 

ナルコレプシーは、フランス語で「眠り」を意味する”narco”(ナルコ)と「発作」を意味する”lepsy”(レプシー)を合わせた造語のことで、睡眠障害のひとつです。

近藤
ふむふむ。
石橋さん
分かりやすく言うと、夜間十分な睡眠をとっていても、日中に耐えられない眠気に襲われる障害です。

 

私達は、日中に来る症状の事を“睡眠発作”と呼んでいるんですよ。

近藤
「発作」なんですね。石橋さんは“特発性過眠症”とお伺いしましたが、どんな症状が出るんですか?
石橋さん
一番大きな特徴としては、日中に強い眠気が発作的に起こることです。

 

他にも、朝の起床が自力で出来ない“起床困難”、起床後に長く寝ぼけている状態が続く“睡眠酩酊”といった症状があります。

 

IMG_1688

 

近藤
起きるのも困難で、起きてからも…しんどいですね。
石橋さん
私の場合はだいたい1日2回、10時と20時に強い眠気が来ます。
近藤
えっ、毎日ですか?
石橋さん
毎日です。薬を飲んでいればほぼ問題は無いですが、それでも10時と20時には頭が重くなってくる感覚があります。

 

十分な睡眠が取れていない時には薬が効かないこともあって、どうしても耐えられないのでトイレに逃げ込んで寝たこともありました。

 

もうその状態になったら逃げるしかないので。

近藤
耐えられないほどの眠気なんですね。
石橋さん
耐えられないので寝るしかない。じゃあいかに安全な場所で寝るか、なんですよ。

 

眠気の強さに単位はありませんが、3日間の徹夜後の眠気だと言われています。

 

「薬で眠気を抑えれなかったら、耐えるのは無理です」とお医者さんにも言われているくらい。

近藤
一般的な眠気との違いは「耐えられないかどうか」ということですか?
石橋さん
そうですね。いわゆる寝不足の眠気って、ある程度耐えられると思うんですよ。

 

体を叩いたり、歩き回ったりすれば、少しは眠気が覚めるじゃないですか。

 

私たちの場合は、走っていても寝る可能性があるので。

近藤
えっ?!
石橋さん
それほど耐えられないんです。コーヒーを飲んで…とかそんなレベルじゃない。

 

私はもともと建設現場で働いていたのですが、地上30メートルの足場で眠ってしまったこともあります。

近藤
えっ!?えっ!?
石橋さん
安全帯の装備は付けていたので、地面までは落ちなかったですけど、感覚としては2mくらい落ちた気がしましたよ。笑

 

普通の眠気なら、そんなところで寝ないですよね。

 

IMG_1710

 

近藤
本当に“発作”のように眠気が襲ってくるんですね。
石橋さん
とは言え、当時はまだ病気という認識がありませんでした。

 

いつ眠気の発作が起こるかわからない状態で、そういう高所で作業していたと思うとゾッとしますよね。

 

過眠症と気づく前、眠気とどう付き合ってた?

近藤
特発性過眠症と知ったのはいつ頃でしたか?
石橋さん
25歳の時なので、社会人2年目ですね。
近藤
学生の頃もまだ病気だとは知らなかったんですね。
石橋さん
そうですね。高校時代はテニス部で、かなり力を入れてる学校でした。朝練もあったし放課後の練習も遅くまで。

 

なので昼は眠くなるのが当たり前だと思っていたし、実際周りにも寝てる子はいたので、そのうちの一人という感じでした。

近藤
部活動で疲れて授業中に寝る。まぁ普通の学生ですよね。
石橋さん
ただ、高校2年生くらいから指摘されるようになりました。昼寝をしない日がなかったので。

 

IMG_1703

 

近藤
指摘っていうと?
石橋さん
「いつも寝ているじゃないか。テニス部の部長としてお前がそれでどうするんだ」って。
近藤
部長なら尚更。笑
石橋さん
あとは、移動教室の時に友達が起こしてくれなかったり。起きたら教室に誰もいなくて「あれっ!?」みたいな。
近藤
イジられキャラだったんですね。
石橋さん
そうですね。「なんでこんなに寝ちゃうんだろう」とは思っていましたけど、成績も良かったし、寝ててもなんとかなるかなと。

 

大学に入ってからも部活とバイトで忙しくしていたから、やっぱり日中は眠いのが当たり前と思っていました。

近藤
で、授業中に寝ると。
石橋さん
はい。笑

 

やる気を出して、一番前に座ったのに開始早々眠ってしまったり。

 

しかもうつ伏せじゃなくて、こうやって上向いて寝ちゃうんですよ。

IMG_1748

 

近藤
完全にナメてますよね。笑
石橋さん
もちろん、悪気はなかったのですが…。笑

 

仲の良い友達からは、「寝すぎて恥ずかしいからやめてほしい」と言われてしまいました。

 

普段そういう事を言うタイプの友達じゃなかったので、余計心に刺さりましたね。

近藤
でもまさか、病気だとは思わないですもんね。

 

卒業後は建設業界に就職されたとのことですが、どうでしたか?

石橋さん
「新入社員でヘルメットをかぶって寝たやつは初めてだ」と言われました。
近藤
あははは。笑

 

すみません、笑い事じゃないですよね。

石橋さん
いえいえ。笑

 

普通はヘルメットをかぶったら、現場モードみたいなスイッチが入るらしいんですけどね。

 

あとは、会議中に司会進行なのに寝てしまったり…

近藤
それはさすがにヤバいです。
石橋さん
そして入社2年目、あることがきっかけで初めて自分が病気だとわかりました。
シェア
ツイート
ブックマーク

近藤雄太郎

Reme運営

インタビューのご希望の方はこちら

  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2020年1月8日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承ください。

関連記事