反抗期の中学生にとっての父親の3つの役割、関わり方とは?臨床心理士が解説

2019.06.21公開 2019.08.19更新

頭では「反抗期」と分かっていても、子供に振り回されて「もうお手上げ」「パパ、何とかしてよ!」と思っているお母さんは多いと思います。

 

実は、反抗期におけるお父さんの役割はとても重要で、子供が健全に成長する上で必要不可欠なのです。

 

今回は、反抗期に父親としてできること、父親にしかできないことをまとめてみました。

 

夫婦が足並みを揃えて、協力して、反抗期に臨めるといいですね。

 

【関連記事】

>>【中学生の反抗期】声かけ・対応例5選!無視はOK?臨床心理士が解説

>>中学生の反抗期で勉強しない、屁理屈ばかり…親の対応を臨床心理士が解説

>>【事例5選】中学生の娘の反抗期がひどい…対処法を臨床心理士が解説

>>反抗期がないのはOK?反抗しない4つの理由、子供への接し方を臨床心理士が解説

 

中学生の反抗期、いつまで続く?

中学生になり言葉遣いや態度から「ついに反抗期が来たな」と感じたら、いつ終わるのかが気になるところだと思います。

 

反抗期がいつ終わるのかは人によって違いますが、

・中学在学中に終わったケース

・中学卒業と同時に終わったケース

・高校卒業まで続くケース

などもありますが、高校2年生くらいまでに終わるケースが多いようです。

 

その他にも、反抗期がそのまま続き、大人になっても疎遠のまま…というケースもありますし、思春期に反抗できず、20代30代になってから反抗するというケースもあります。

 

全体的に「いつか終わる」とじっと耐えて我慢するよりは、

「反抗期を楽しむ」

くらいの気持ちがある家庭の方が早く終わるように見えます。

【監修】佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長 >>詳しい情報はこちら

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2019年6月21日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承の上、お読みください。

関連記事