子供が不登校に…声かけ例7選・子供が親に求めていることを臨床心理士が解説

2019.07.01公開 2019.09.10更新

「まさか自分の子どもが学校へ行かなくなるとは思わなかった」

 

「不登校なんて、うちとは無縁の話だと思っていた」

 

と話す、お父さん・お母さんは少なくありません。

 

そもそも子どもが平日も家にいるということ、長く学校を休んでいること自体、受け入れがたい状況と感じる方もいるかと思います。

 

そしてなにより、お子さんに対して親としてどのように関わっていけば良いかわからなくなりますよね。

 

今回のコラムでは、不登校のお子さんへの具体的な対応例をご紹介します。

 

どのような関わりがお子さんにとってプラスとなり得るのか、お子さんにあった関わり方を探ってみてください。

 

また、いくつかの対応例を通じながら、お子さんへの理解につながればと思います。

 

【関連記事】

>>【不登校での親の対応】学校との関わり方、子供の進路問題を臨床心理士が解説

>>不登校の親ができること9選!臨床心理士が解説【子供を怒る&説得前に】

>>子供が不登校に…声かけ例7選・子供が親に求めていることを臨床心理士が解説

>>【先生向け】子供の不登校に悩む親にかける言葉・関わり方とは?臨床心理士が解説

>>【不登校】親がうつにならないために。意外と身近なカウンセリング先を臨床心理士が解説

 

不登校の子どもが親に求めていること

1.責めない

お子さんが学校に行きたくないと言い始めたときは、きっと驚かれたことと思います。

 

「どこも具合が悪くないのに…」などと良く言われますが、その「悪い部分」は目に見えないだけで、実際は休息が必要な状態であるということを理解してください。

 

休んでいることは、「サボり」でも「怠け」でもありません。

 

休むという選択が、今のお子さんにとってはもちろん、今後の将来を考えても必要な手立てであるということを決して忘れないようにしましょう。

 

2.見放さない

子どもが不登校になってしまったとき、

「この子はすぐ甘えが出る」

「もう駄目だ」

「子どものことはあきらめました」

などという親御さんもいます。

 

個人の感情というのは自由であるべきですし、誰にも制することは出来ないものだと思います。

 

実際、お子さんに対して失望したり、絶望したりする方も多くいらっしゃいます。

 

けれど、そういった感情を持っても、お子さんを救う手立てには一切結びつきません。

 

お子さんを見放すという行為は、自分自身を守りたいがためにしている自己防衛にすぎないということに気づかなければなりません。

 

「(学校に)行けないこの子が悪い」

 

などと、家庭内の悪者をお子さんにして、見放してしまえば楽な部分もあるかもしれません。

 

けれど、それではいつまでも状況は改善しません。

 

親子の関係が悪くなるどころか、学校復帰の可能性の芽も摘んでしまうことになるのです。

 

時に腹が立つことや苛立つこともあるかもしれません。それはあって当然のことです。

 

ただどんな状況にあっても、お子さんにとって必ずいい方法があると信じて、決して見放さずに協力体制を取っていくことが大事なのです。

 

3.受容的に理解を示す

お父さん・お母さんも、あれこれと心配で落ち着かない状態であると思いますが、今一番辛く、不安な思いをしているはお子さん本人です。

 

何らかの壁に当たってしまい、学校へ通えていない状態かもしれません。

 

責めず・見放さずに今の状態を受け止めて(受け入れて)あげれば、解決に結びつける方向へ進んでいけるはずです。

 

何もかも「みんなと一緒」であることが、そのお子さんの幸せとは限りません。

 

その子なりのペースや、やり方を尊重して進んでいくのが、本来あるべき子育ての姿であるはずです。

 

お子さんが乳幼児だった頃のことを思い出してください。

 

発語や一人歩き、友達との関わりや親離れなど、みんな一様に同じペースではなかったはずです。

 

その頃は親同士の中でも、その子なりの個性や発達のペースについて認め合えていたと思いませんか。

 

たとえば、

「うちの子はまだ二語文がうまく話せないけれど、よく食べる子だから身体つきがしっかりしていて歩くのが上手…」

「お友達はハイハイが早かったけど人見知りが強い…」

などなど、「それぞれの得意・不得意や個性があって当然である」という共通認識がありましたよね。

 

これはお子さんが幾つになっても変わらないのです。

「苦手があっても、得意を探せばよい。」

というスタンスで、今の不登校の状況を捉えていくことが大事です。

 

そういった心構えが、お子さんの負担や休んでいることへの罪悪感を和らげることができ、心の回復へとつなげていくことが出来るのです。

鈴木なつこ

臨床心理士 公認心理師

心理系大学院在学中よりフリースクールスタッフ、精神障害者の共同作業所などを経験。修士課程修了後、スクールカウンセラーとして従事。電話相談業務も兼ねる傍ら、臨床心理士を取得。現在は公認心理師資格を取得し、公立小中学校のスクールカウンセラー。専門は不登校と発達障害。一児の母。

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事