気持ちの整理が上手くできない…書き出す時のコツって?

渡辺綾

回答者
渡辺綾
施設心理士

ご質問

気持ちの整理とか怒りの棚卸しをしようとしてペンを持ちましたが、手が動きません。

 

なんか触れてはいけないものに触ろうとしている気がして苦しくなります…

 

どうしたら上手く、書き出せるのでしょうか?

回答

こんにちは。投稿くださりありがとうございます。

 

気持ちの整理や怒りの棚卸しをしようと考えておられるのですね。

 

とても大切な取り組みだと思いますし、年度が変わる前の節目となりますね。

 

ですが、いざ始めようと思っても、どこからどのように取り組めば良いのか、また、掘り起こす事が良いのかどうか戸惑いますよね。

 

そのような時はまず感謝をすることから始めてみてください。

 

これまで、内側で自分自身を守り支えてくれる存在がなければ、ここまで来ることはできませんでした。

 

まずは内なる自分にありがとうを伝えましょう。

 

そして、今ある当たり前の事を1つ1つ書き出してみてください。

 

・毎日ご飯が食べられる事

・着替えができる事

・今年もまた庭の花が咲いたこと

 

などなんでも構いません。

 

整理というと、マイナスな出来事や課題をあげなくてはというイメージが先行しますが、既にもっているもの、能力、経験を並べる事で状況の整理をします。

 

もし、投稿者様がイメージする事を得意とするなら、大好きな景色や花を想像して、苦しくなったらいつでもそこへ自分が逃げ込める事を確認しておきましょう。

 

実際に、怒りの棚卸しをしていて苦しくなってきたら、こまめにイメージの中に自分を逃し、大好きな景色や花に包まれ、リラックスしたり大いに高いエネルギーを吸い取ったりしましょう。

 

イメージが苦手なら、あらかじめリラックスできる動作を決めておいてくださいね。

 

水を飲む、クッションを抱きしめる、布団に包まる、好きな音楽を一曲聞く、など何でも大丈夫です。

 

そして、「私は一旦この作業から離れます」と宣言し、リラックスできる動作を行い、クールダウンしましょう。

 

1人での作業に強い不安を感じる場合は、カウンセラーなどと一緒に進めていくのも1つの方法です。

 

素晴らしい作業だと思いますので、どうぞ無理なくご自身のペースで進めてくださいね。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る