仕事を辞め、自分を信じて進んでいくために考えていること【青空を駆ける さん】

2018.01.11公開 2018.04.03更新
 
シェア
ツイート
はてブ
あとで見る
共感
40

4回目の投稿となります。今回は、3カ月という限られた期間で、次なる環境を見出すために、どうしたらよいか考えている現在を綴らせていただきました。

 

 

仕事を辞めて就活する決意

現状では、パートという立場の指導員である私は、就職活動をしています。

 

働きながら職を得て、異動することもできましたが、現職では私以外は全員女性なこともあり、価値観なども含めて食い違いが多々あり、双方が苦しい状況が続いていたため、苦渋の決断で更新しないことにしました。

 

ただ、現在の場所ではなかなか力を発揮出来ていないこともあるため、仮に新たに類似する職でも、同じようにならないか、心配があります。

 

保育系は、今でこそ男性も増えてきましたが、保護者や従業員の視線や求める姿には、なかなか応えづらい現状もあります。

 

女性ならではの細かな気配りや対応は、私など男には難しい場面もあります。

 

 

現場で生じたやりづらさや迷い

また、このご時世ですから、若い男が小学生の女の子と仲良く遊んだりするのをタブー視されやすく、相当気を使って接していますし、やりづらさを感じます。

 

スイミング時代とは異なる学童保育特有の接し方、女性が非常に多い現場対応に、迷いとやりづらさを感じる日々です。

 

ただ、一方でスイミングや運動指導を経験したからこそ、それを生かした接し方ができるのが強みだとも思って何とか踏ん張っています。

 

現職では、ベテランの指導員の女性方が活躍しています。

 

スポーツ現場で培った経験を活かし、新しい風を児童館に吹かせたいと思った私のやり方は、時に身勝手な行為だと映ったかもしれません。

 

今は非常に肩身が狭く、精神的に苦しい毎日ですが、それでも少なからず評価してくれる方はいます。

 

しっかりと修正すべき点は意見を取り入れつつ、私にしかない持ち前のカラーを残りの期間も発揮したいと考えています。

 

 

両親を早く安心させたい

両親は当たり前ですが、私が28歳なので年齢も高くなっています。

 

まだ元気なのが嬉しいですが、やはり少しでも早く、再び正規雇用で働いて安心させたいのが超本音です。

 

私以外の家族(両親以外)は、既にしっかりと働いていますので、尚更です。

 

また、結婚はまだあまり考えにはありませんが、再び大切な人が出来た時に、身分の心配はあまりかけたくない。(以前の相手は既にお別れしました)

 

自立したい。今よりも胸を張って、〇〇の仕事をしていると、言えるようにしたい。

 

大学卒業から、ずっと、ずっと思っています。

 

 

成し遂げたい夢と絶望感の狭間で

成し遂げたい夢は沢山あります。

 

しかし、朝に目を覚ました時、毎日絶望感が襲ってきます。

 

それが非常に重く、気が落ち込み、自分への自信がなくなります。

 

でも、私にはまだまだ知らない道の可能性や領域があると、想ったりしてもいます。

 

副業で続けている、月に数回の子供への水泳指導も、形が変わってもやりたいと思うし、海外で頑張っている家族の一人ように、いつか海外でも励みたい夢はあります。

 

それがスポーツなのか、仕事なのか、学校留学なのかは分かりません。

 

でも、行くことが私に大きな刺激となりうることを予感します。

 

 

次のステージまで、残りの3か月

苦しくもやりがいのあった現状は、もう泣いても笑っても、今の契約は3か月で終わります。

 

その間に、何とか次へのステージを見つけ出すことが、今やるべき最大の目的なので、

 

信じて、進んでいきます。

 

ペンネーム:青空を駆ける 様

 

 

青空を駆けるさんの体験談

【第1回】目標を見失い、気持ちは落ち、自殺をしかけて、どん底を味わう

【第2回】人生をあきらめたくない想いが未来に繋がった

【第3回】前回の投稿から半年…訪れた2つの良い変化

【第4回】仕事を辞め、自分を信じて進んでいくために考えていること

【第5回】スーパーネガティブ思考の自分が変われた1つの方法

 

 

あなたの経験談もシェアしてみませんか?

Reme(リミー)では、「私の経験談」で紹介する体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

いただいた情報は、個人が特定されない範囲で、サイト上で公開させていただきます。

 

【ペンネーム】
【体験談】

関連記事