【看護師とうつ病】休職・復職・転職・新人看護師の悩み【全7回】

2018.10.05公開 2018.10.18更新
 
シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

看護師とうつ病。その仕事に潜む4つのリスクとは?

常に命と向き合う医療現場。

 

そこで働く看護師の中には、独特の緊張感から心を病んでしまう方も多い。

 

ここでは、看護師という仕事に潜むうつ病のリスクを、実体験を交えてご紹介しています。

 

>>看護師のうつ病割合は多い?4つのうつ病リスクを紹介

 

 

看護師がうつ病から復職する際の注意点とは?

うつ病による休職は、長期にわたることが多い。

 

「以前のように働けるかな…」長く休んだ分だけ、その不安は大きい。

 

ここでは、復職する前にできること、復職する際の注意点などをご紹介しています。

 

>>看護師でうつ病から復職する際に注意したい3つのこととは?

 

 

新人看護師に伝えたい、3つの悩み解消法とは?

国家試験に合格し、晴れて看護師となった私。

 

喜びも束の間、待ち受けていたのは、想像以上に過酷な日々だった。

 

病院内の人間関係、患者さんの顔や症状、合間に行われる勉強会…

 

多くの悩みを抱える新人看護師へ、今だから伝えられる対処法を紹介します。

 

>>新人看護師は悩みにどう対処する?悩み解消のための3つの実践例

 

 

新人看護師がうつ病にならない為に。3つの心がけとは?

どの業界・業種であっても、新人時代は初めてのことだらけで緊張の連続だ。

 

中でも、不規則なシフトや患者の命を預かる看護師という職種は、心身ともに削られていくケースが多い。

 

ここでは、新人看護師がうつ病にならないように心がけるべき3つの事を紹介しています。

 

>>新人看護師がうつ病にならないために!3つのポイントをご紹介

 

 

夜勤がもたらす健康リスクやうつの対処法とは?

日勤、夜勤、夜勤明け…

 

特に夜勤は、日常とは異なるリズムで働くため、睡眠不足や長時間労働など体にかかる負担は大きい。

 

ここでは、夜勤とうつ病の関係性や健康リスクと、その対処法をご紹介します。

 

>>看護師のうつ病は夜勤が原因?夜勤の健康リスクと対処法をご紹介

 

 

看護師がうつで休職。休職中の過ごし方や必要な手続きとは?

「うつで休職の場合、手続きはどうやるの?」

「休職したはいいけど、過ごし方がわからない」

「カバーしてくれてるみんなに申し訳ないから、はやく復帰しないと…」

 

うつでの休職に関して不安は多いと思いますが、まずは休みましょう。それからです。

 

ここでは、看護師の休職の手続きや、休職中の過ごし方についてご紹介します。

 

>>看護師がうつ病で休職…休職の手続きや休職中の過ごし方とは?

 

 

うつ病と看護師の転職。職場選びのポイントは?

「急がない。焦らない。がんばりすぎない」

 

うつ病で転職を考えている看護師の方に、この3つの言葉を届けたい。

 

ここでは、うつ病の看護師が気をつけたい点や、転職先を選ぶポイントをご紹介します。

 

>>うつ病と看護師転職…3つのポイントと職場選びで大切なこととは?

 

 

Komatsu_Prof_2aa【執筆】

小松亜矢子 元看護師のフリーライター

1984年生まれ、自衛隊中央病院高等看護学院卒。福岡県出身、現在は神奈川県横須賀市在住。22歳でうつ病を発症し、寛解と再発を繰り返し今に至る。自分自身のうつ病がきっかけで夫もうつになり最終的に離婚。夫婦でうつになるということ、うつ病という病気の現実についてもっと知ってほしいと思い、ブログやウェブメディアを中心に情報発信中。

blog:http://www.ayk-i.com

 

 

小松亜矢子さんの連載一覧

【Part  1】看護師のうつ病割合は多い?4つのうつ病リスクを紹介

【Part  2】看護師でうつ病から復職する際に注意したい3つのこととは?

【Part  3】新人看護師は悩みにどう対処する?悩み解消のための3つの実践例

【Part  4】新人看護師がうつ病にならないために!3つのポイントをご紹介

【Part  5】看護師のうつ病は夜勤が原因?夜勤の健康リスクと対処法をご紹介

【Part  6】看護師がうつ病で休職…休職の手続きや休職中の過ごし方とは?

【Part  7】うつ病と看護師転職…3つのポイントと職場選びで大切なこととは?

関連記事