自分の性格が分からないのは病気?3つの原因や対処法を臨床心理士が紹介

2019.03.17公開 2019.05.16更新

自分の性格が分からなくなる3つの原因

病気以外で、自分の性格が分からなくなるのはどんなときでしょうか。

 

①内面の変化に戸惑っている

経験や環境によって、ものの考え方や感じ方、価値観など、性格の内面は日々少しずつ変化していきます。

 

特に人生の様々なターニングポイントでは、自分自身がついていけないほど大きな変化が起こることも珍しくありません。

 

そんな戸惑いから、「自分の性格が分からなくなった」という感覚をいだくことがあります。

 

②現実に向き合えていない

自分のネガティブな面をどうしても受け入れたくない…

 

逆に、自分のポジティブな面をどうしても認められない…

 

ありのままの自分に向き合えないことで、「自分の性格が分からない」という違和感につながることもあります。

 

③「キャラ」に振り回されている

いじられキャラを演じるけれど、実はとても傷つきやすい…

 

本当はひとりが好きなのに、いつも大勢の友達とさわいでいる…

 

周りの空気や期待を気にしすぎることで、「自分の(本当の)性格が分からない」という混乱が起こることもあります。

 

 

自分の性格が分からないときの対処法3選

①まずはリラックス時間をつくる

自分の性格が分からないと感じるときは、心やからだが疲れていることがあります。

 

学校や仕事で忙しかったり、やることが多すぎて余裕がなくなっていませんか?

 

周りの人に気を遣いすぎたり、期待に応えようと無理しすぎていませんか?

 

がんばりすぎて心身が疲れているときは、まずは少し休憩をとりましょう。

 

短時間でもいいので、安心できる静かなところで、自分だけのリラックスした時間を作れるといいですね。

 

②ありのままの自分を観察する

自分の嫌な部分を認めたり、変化を受け入れるのは、けっこう勇気がいるものです。

 

受け入れるのが難しければ、ただ観察するだけでもOKですよ。

 

どんな人にも、ポジティブな面とネガティブな面が必ずあります。

 

こわがらず、素直な気持ちで、自分をありのまま観察してみてください。

 

感じたことを紙に書き出してみると、自分の内面がより見えやすくなります。
周りの人に聞いてみたり、性格診断を試してみることも、新たな気付きにつながるかもしれませんね。

 

③分かりにくい性格の魅力

いつも一貫した性格で、誰に対しても態度を変えない生き方に、「かっこいいな」と憧れを感じる人は多いと思います。

 

ただ、ひとつの性格におさまらずいろいろな面を持っている人にもまた、人をひきつける魅力があるのです。

 

たとえば、ふとしたときに相手の意外な一面を目にすると、「この人にはこんなところもあったのか」と興味をひかれたりしますよね。

 

予想のつかないミステリアスさが、周りの人には魅力的に感じられることもあるでしょう。

 

正反対の性格をあわせもつ人への「ギャップ萌え」なども、性格が一貫していないからこそ生まれる特別感ですよね。

 

分かりにくい性格は、それだけ未知の可能性を秘めているということ。

 

無理にまとめて単純化させるのではなく、あえて分かりにくいまま受け入れてみるというのも、あなたの魅力を活かす工夫の一つといえるかもしれません。

 

 

さいごに

自分の性格が分からないのは、ほとんどの場合病気ではありません。

 

ただ、自分が見えず不安に感じるなら、少しゆっくり自分と向き合う時間を作ってみるといいですね。

 

あなたが自分の魅力にたくさん気が付くことができますよう、応援しています。

 

【関連記事】

>>性格とは?2つの種類・ビッグファイブを心理学視点で臨床心理士が解説

>>性格が悪い人との付き合い方・気にしない3つの方法を臨床心理士が解説

>>性格が悪い自覚…性格を直す3ステップ・2つの思考とは?臨床心理士が解説

>>性格が変わり暗くなるのは病気?直る?前の自分に戻るには?臨床心理士が解説

>>性格診断は当たる?信じてしまう心理・3つの注意点を臨床心理士が解説

>>人見知り・嫉妬・短気な自分が嫌い…克服法21選を臨床心理士が紹介

シェア
ツイート
ブックマーク

倉本梓

臨床心理士

心理系大学院修士課程を修了後、臨床心理士資格を取得。医療機関、教育機関でカウンセリングを担当するほか、スクールカウンセラーとしても活動。子育て、家庭問題、対人問題をはじめ、「自分らしい生き方」のためのメンタルヘルス向上を目指した支援を行なっている。

  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2019年3月17日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承ください。

関連記事