自分の性格が分からないのは病気?3つの原因や対処法を臨床心理士が紹介

2019.03.17公開 2019.05.16更新

「あなたはどんな性格ですか?」

 

すぐに答えられる人もいれば、しばらく考えてしまう人もいるかもしれませんね。

 

なかには、「自分の性格が分からない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

性格とは、その人の感じ方、考え方、行動などの傾向で、安定的で一貫しているもののことをいいます。

 

とはいえ、経験を重ねたり、環境が変わったりするなかで、性格も少しずつ変化していくことがありますよね。

「自分はこんな性格ではないはずなのに」

「自分の性格がよくわからなくなってきた」

そんなふうに感じてしまうこともあるでしょう。

 

今回は、自分の性格が分からなくなる背景や対処法について考えてみたいと思います。

 

【関連記事】

>>性格とは?2つの種類・ビッグファイブを心理学視点で臨床心理士が解説

>>性格が悪い人との付き合い方・気にしない3つの方法を臨床心理士が解説

>>性格が悪い自覚…性格を直す3ステップ・2つの思考とは?臨床心理士が解説

>>性格が変わり暗くなるのは病気?直る?前の自分に戻るには?臨床心理士が解説

>>性格診断は当たる?信じてしまう心理・3つの注意点を臨床心理士が解説

>>人見知り・嫉妬・短気な自分が嫌い…克服法21選を臨床心理士が紹介

 

性格の種類ってどれくらい?

心理学では、性格についてたくさんの研究がなされています。

 

しかし結果からいえば、性格の種類がどれくらいあるのか、はっきりした結論は出ていません。

 

性格を3種類、4種類、8種類…と分ける研究者もいれば、いくつかの特性の度合いを総合的に見て性格を判断しようとする研究者もいるのです。

 

極端に言えば、

「100人いれば100種類の性格がある」

ということもできるかもしれません。

 

 

自分の性格が分からないのは病気?

自分の性格が分からなくなったり、違和感を抱いたりすると、「なにかの病気かな」と心配になることもあるかもしれませんね。

 

しかしほとんどの場合は、心や身体の自然な変化、あるいは自己理解が発展途上の段階にあるということですので、さほど心配する必要はありません。

 

ただ、いくつか注意が必要な場合もあります。

・それまで活動的な性格だったのに、長期間ふさぎ込んで気力がわかない

・それまで好きだったことも含めて、すべてのことに無関心になってきた

・テンションの上下が激しく、非常に積極的・社交的だったかと思うと、急に落ち込みやすくなったりする

このような変化は、気分障害(うつ病、双極性障害)などにもみられることがあります。

 

落ち込んでつらい、しばらく休んでも回復しないという場合には、医療機関を受診することも検討してみましょう。

 

そのほか、

・これまで穏やかな性格だったにもかかわらず、極端に怒りっぽくなった

・周りの人から急激な性格の変化を指摘されたが、まったく自覚がない

・自分が自分であるという感覚が持てない

などの場合、メンタルや認知機能になんらかの異常が出ている可能性もあります。

 

心配な場合は、念のため医療機関に相談してみてもよいでしょう。

 

【関連記事】

>>うつ病の超初期症状とは?気づくポイントを元精神科看護師でうつ病経験者が解説

倉本梓

臨床心理士

心理系大学院修士課程を修了後、臨床心理士資格を取得。医療機関、教育機関でカウンセリングを担当するほか、スクールカウンセラーとしても活動。子育て、家庭問題、対人問題をはじめ、「自分らしい生き方」のためのメンタルヘルス向上を目指した支援を行なっている。

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2019年3月17日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承の上、お読みください。

関連記事