パニック発作の前兆、7つの症状、再発防止策って?看護師&心理相談員が解説

2016.07.07公開 2018.11.15更新

「パニック発作って、どんな時に起こる発作なのか分からない」

「パニック発作の前兆はあるの?」

 

そんな疑問を持っている方も多いと思います。

 

実はパニック発作の症状は、誰もが危険や不安を感じた時に生じる生理的反応の一つでもあるのです。

 

そこで今回は、パニック発作の前兆について、心の専門家に解説してもらいました。

 

【関連記事】

>>パニック障害の原因はセロトニン?すぐできる3つの対処法を解説

>>【動画付き】パニック障害の症状とは?臨床心理士が詳しく解説

>>過呼吸発作の症状や対処法とは?臨床心理士が分かりやすく解説

>>パニック障害で仕事に不安…パニックと上手く付き合う5つのステップとは?

>>【大人の発達障害】衝動性やパニックへの対応方法は?事例で解説

 

パニック発作の3つの前兆とは?

まずパニック発作は、前兆なく起こる可能性があります。

 

起こした本人も、なぜ発作を起こしたのかわからず、その発作の苦しさだけが、心に残ります。

 

その記憶に残った苦しさが、

「また発作を起こすのではないか」

「次の発作を起こしたら、本当に死んでしまうのではないか」

と、発作に対する恐怖と結びつきます。

 

そして、パニック発作は、精神的緊張が高まる場所や出来事があると起こりやすくなります。

 

例えば、

○トンネルやエレベーターなどの狭く薄暗い場所

○満員電車や雑踏、駅やデパートの中

○会議で意見を求められた、プレゼンを任せられた

などの場所や出来事は、「こんな時に発作を起こしたらどうしよう」と不安を感じさせますよね。

 

そんな、誰もが不安を感じる場所で、

「発作を起こしても、誰にも見つけてもらえないのではないか」

「発作を起こして大失敗したらどうしよう」

といった予期不安や恐怖が、パニック発作を引き起こしてしまうのです。

 

村松真実

看護師・心理相談員

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事