LGBTに関する日本の現状は?最近のニュースから解説【鈴木茂義さん】

2018.04.18公開 2019.05.23更新

みなさま、こんにちは。鈴木茂義と申します。小学校で働いていて、子どもや同僚からは「シゲせんせー」と呼ばれることが多いです。

 

以前、Remeで、LGBTに関するインタビューを受けたり、コラムを書いたりしたことがあります。

 

今回もRemeでコラムを書く機会を頂きました。

 

お付き合いいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

【関連記事】

【Part  1】LGBTに関する日本の現状は?最近のニュースから解説

【Part  2】LGBTの割合ってどれくらい?本当に身近にいるの?

【Part  3】LGBTのイベント!東京レインボープライドとシゲせんせー

【Part  4】LGBTと差別問題の実態や背景…差別問題を乗り越えるには?

【Part  5】LGBTのカミングアウトをされたら?職場・家族の対応事例を紹介

【Part  6】LGBTのカミングアウトの割合や理由って?事例を挙げてご紹介

【Part  7】LGBTのカミングアウトについて~シゲせんせーが伝えたいこと~

【Part  8】【LGBT問題】教育現場での事例と解決策をシゲせんせーが解説

【番外編】らしく、たのしく、ほこらしく。東京レインボープライド2018レポート

 

LGBTに対する社会のうねり

「LGBT」「性の多様性」という言葉が、以前から聞かれるようになりました。

 

その言葉を既にご存知の方も、まだ馴染みのない方もいらっしゃると思います。

 

私も先日、小学校で働く同僚からこんなことを言われました。

 

「シゲせんせー、最近LGBTという言葉を聞いたり研修を受けたりしたのだけど、この急激なブームはどうなっているの?」

 

と、少し戸惑っているようでした。

 

私自身もLGBTに関する社会の大きなうねりを感じています。

 

しかしある場面では、「LGBTという言葉を聞いたことがない」という話も聞かれ、その広まりにはまだまだ差があると感じています。

 

これからのコラムを通して、私自身も学びを深めながらLGBTについて発信していきます。

 

 

LGBTを取り巻く日本の現状

検索サイトで「LGBT」「日本」「現状」と検索すると、いくつもの記事が出てきます。

 

世の中の興味関心が、広がりつつあることを感じます。例として、1つの記事をご紹介します。

 

知っておくべきLGBTの基礎知識!日本での現状や海外の制度

 

こちらの記事では、LGBTの定義や割合、カミングアウトや結婚制度について、各国の対応や企業の対応などについて、多岐にわたり書かれています。

 

LGBTに関するトピックが当事者個人の『性的指向』(誰を好きになるか)や『性自認』(自分の性別をどう認識しているか)だけで語られるのではなく、『社会の中でどう生きていくか』『社会の枠組みはどうあるべきか』ということも含めて語られています。

 

LGBTに関する色々な調査が行われたり、結果が公表されたりしています。

 

そしてSNSの発達もあり、色々な人が色々な立場で、色々な視点からLGBTについての考えを発信しています。(このコラムも発信の1つですね。)

 

そういった意味で、私の同僚の先生も「急激なブーム」という言葉を使って、感じていることを伝えてくれたのかもしれません。

 

鈴木茂義

上智大学文学部非常勤講師。公立小学校非常勤講師。東京都世田谷区男女共同参画センターらぷらす相談員。専門は特別支援教育、教育相談、教育カウンセリングなど。14年間の正規小学校教諭として勤務を経て現職。教育研究会や教育センターでの講師経験も多い。お仕事のご依頼・お問合せはこちら

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事